1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

サムスン『真の曲面ディスプレイ』搭載スマホを10月発表決定!

9月25日、韓国ソウルで行われた「Galaxy Note & Galaxy Gear 発売イベント」で、とんでもない情報が明らかに。一体どんなスマートフォンになるのか?

更新日: 2013年09月26日

5 お気に入り 9631 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

whgadgetさん

サムスン、曲面スマホの発表を10月に行うことを明らかに。

Samsungは韓国ソウルで開いた「Galaxy Note 3」発売イベントで、曲面ディスプレイを搭載したスマホを10月に発表すると明かしました。

Samsungが1月にCESで披露したフレキシブルOLED「YOUM」を搭載した初のスマートフォンとなる見通し。

今まで前例のない“表示部分も”カーブしたパネル

SamsungはこれまでにもNexus S、Galaxy Nexusなどで表面がカーブした曲面ディスプレイを採用してきましたが、それらは表面のカバーガラスだけがカーブしただけで、表示パネル自体はフラットになっていました。

今回発表された新型スマーフォンは表示部分までもがカーブしたパネルを搭載しており、従来の曲面ディスプレイ端末に比べて表示が鮮やかになると予想されます。

曲面型スクリーンのテレビは既に発売済み

韓国のサムスン電子は27日、55インチの曲面型有機ELテレビを発売した

次世代ディスプレー技術を備えたこのテレビは、長く発売が待たれていた。

正直、実用性は高くなさそう

曲面型スクリーンはどの角度からも見やすいというのが表向きの言い分ではあるが、その導入はどちらかと言えばマーケティング戦術の一部であるとの見方が一般的だ。

曲面型スクリーンのほうが使いやすいと携帯電話ユーザーを納得させるのはより難しい可能性がある。

湿気に弱く、防水は絶望的

開発上の大きな課題の一つは、従来のガラスのように水分を全く通さないようにすることだ。専門家によると、OLED素材は湿気に弱い。

以前噂になった『限定版Galaxy Note 3』と同一の製品か?

これまでの報道によれば、フレキシブルOLED搭載版「Galaxy Note 3」が10月にプレミア製品として発売されると噂されており、それに該当する可能性もある模様。

サムスンの目標は『自由に曲げられるスマホ』

ギャラクシーノート3の限定版は、従来の硝子盤の代わりに、プラスチックを使った有機発光ダイオード(OLED)を適用した形になるものと見られる。

プラスチックOLEDは、自由自在に形を変えることのできるフレキシブルディスプレーの初期段階であり、スマートフォンを落としたり、衝撃を加えても、壊れず、従来のディスプレーより軽くて薄い製品を作れるのが特徴だ。

しかし、業界内では「曲がるスマホ」の発売は時期尚早との意見が多い。今のところ変形可能なバッテリーや基板が存在しないため、限定発売される「ギャラクシー・ノート3」のガラス面をフレキシブルディスプレイに変えても、全体が曲がるものにはならないからだ。

曲面スマホの今後に注目!

電子業界は、曲面OLEDテレビなど、テレビ市場から始まったフレキシブルディスレーを巡る競争が、来年からはスマートフォン市場で本格的に火がつくだろうと見込んだ。

1