1. まとめトップ

【プロレス技】カナディアン・バックブリーカー使い手プロレスラーまとめ

荒々しさが何より魅力。カナディアン・バックブリーカーの使い手プロレスラーをまとめます。画像や動画も。派生技は一旦省いてます。動画リンクはカナディアンのシーンへの直リン。

更新日: 2015年10月23日

karykaruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 26455 view
お気に入り追加

カナディアン・バックブリーカーとは?

アルゼンチン・バックブリーカーと同じように、相手を持ち上げるので自分の負担も大きい。
片方の肩に持ち上げるので相当な膂力がないと安定させるのが難しい。

木こり出身のレスラーが使い手に多いのも特徴だったり。

相手を片方の肩に担ぐバックブリーカー。
アルゼンチン・バックブリーカーが横ならばこちらは縦。より荒々しい見た目で、同じく怪力自慢のプロレスラーに使い手が多い。テクニック云々のプロレス技ではなく、ただ担ぎ上げてグイグイ絞ることが全てだ。

別名・別称。

カナディアン・バックブリーカー Canadian Back Breaker(カナダ式背骨折り)
コディアック・クラッチ(Kodiak Clutch)
ジャガー・バックブリーカー

アルゼンチンと比べると別称は少ない。

関連・派生技

マルタ式バックブリーカー、スピニング・バックブリーカー、サンダーファイヤー1号、サンダーファイヤー2号、サンダーファイヤーパワーボム(TFPB)、イーグル・キャノンボム、ヒューマントーチ、サムライ・ボム、ランニングスリー、パワー・プレート、ナイアガラ・ドライバー、ドミネーター(ドミネイター)、トレイン・レック、カナディアン・ハンマー、友情(あいかた)、横須賀カッター、横須賀ドライバー、デンジャラスジャッキー、ビックハイヤー・デモリッション、Go 2 Cheech、ターンバックルオメガドライバー、亜留魔下首領、永久凍土落とし、カナディアン・パイルドライバー、合体絞首刑、オーバーイージーDDT、新型プリンスズ・スロウン、colt 45

ボム系プロレス技の流行によって派生技がやたら誕生した

TFPB私的No.1使い手は鬼塚。カナディアンで持ち上げて前方に投げ捨てる。

開発者はご存知・大仁田厚。

代表的となる使い手プロレスラー一覧

キラー・コワルスキー戦で耳の一部を失ったエピソードが有名な“アラスカの巨人”と呼ばれるユーコン・エリックが創始者として名を残している(異説もあるようだ)。カナダ出身なのでこの名がついたとされる。コディアック・クラッチと呼ばれる文献もある。
もともとの職業が木こりだったことで、丸太を担ぐ体勢からヒントを得たというエピソードが残っている。
アマレスなどの格闘技経験はないが、頑丈さと丸太を担ぐことは誰にも負けなかったことにより、この技で一躍トップレスラーとして評価されるきっかけを掴んでいる。

パワーファイターというイメージこそないものの、「野生の男」というニックネームに相応しく、この技を使っていた。ルー・テーズも絶賛するほど寝技(固め技)に定評があり、1962年に日本プロレスへ参戦したときには力道山をグラウンドで圧倒し、最後はカナディアン・バックブリーカーでタップを奪っている。日本でこの技を初めて披露したのがディック・ハットンである。

ユーコン・エリックの引退後にカナディアン・バックブリーカーを代名詞にしたのはこの人。
1960~70年代でトップクラスに成功したブルーノ・サンマルチノが全盛期を迎えていた頃、この技をフィニッシュに使っていた。「人間発電所」の異名を持つ怪力の持ち主で、大柄なプロレスラーであろうがお構いなしに持ち上げて締め上げる。ジャイアント馬場からもタップを奪っている。アントニオ猪木以外のトップレスラーはほぼこの技の餌食になり、ギブアップを強いられている。
カナディアン・バックブリーカーの使い手では最も有名なプロレスラーであると同時に、この技を世界に広く知らしめた功績者。腰を負傷してからは使用を控えた。
ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでこの技をフィニッシュに使い、WWWF(現WWE)ヘビー級王座を獲得し、MSGの帝王として君臨し続けた。この時、初代王者“野生児”バディ・ロジャースからタップを奪ったのは、ゴングが鳴ってからわずか48秒後の出来事だった。

高山の尖がった山頂に突き刺さったかが如く、アンドレのバックブリーカーは圧倒的だった。
持ち上げられた猪木はトップロープを蹴って反転し、その勢いでアンドレをリバース・スープレックスで投げきったことも。

山の中で木こりをしていたら誰ぞに発見されてプロレスラーになった、という列伝的な逸話だけある。元・家具運送会社勤務です。

高い!

このあと猪木はロープを蹴って脱出を図る。

日本のプロレスラーからは“怒涛の怪力”ストロング小林の名が挙がる。
カナディアン・バックブリーカーの代名詞的存在であったブルーノ・サンマルチノが第一線を退いた頃に使い手として認知が高くなった。
全盛期に豪快なバックブリーカーを得意としたが、そのせいで腰を痛めてしまったとも言われている。

バックブリーカー系のプロレス技を広く得意としていた仮面の魔豹。
リストを極めたアルゼンチン・バックブリーカー(リストクラッチ・ケブラドーラ・トド・アルト)や、このカナディアン・バックブリーカーもお手の物。
カナディアン・バックブリーカーで持ち上げ、締め上げた後にゴリー・スペシャルに移行することも。

バックブリーカーの使い手らしく普段は木こりをして鍛えている。怪力自慢の大型超人によるカナディアン・バックブリーカーの威力はなかなかのものだ。

「邪道」「デスマッチの教祖」「涙のカリスマ」「ミスター・ライヤー」…などいくつものニックネームがあり、試合内容よりも話題が先行するイメージの強い大仁田だが、全日本プロレス所属(若手)時代は「炎の稲妻」と呼ばれ多様なプロレス技を使用し、ジュニア戦線でトップを張っていた。
カナディアン・バックブリーカーの使い手としてのイメージは浸透していないが、その後にサンダーファイヤーという派生技(カナディアンの体勢から後方に倒れる技)を開発し、FMWを旗揚げさせるとサンダーファイヤーパワーボムへと発展させた。

大仁田厚が関連する派生技:サンダーファイヤー1号、サンダーファイヤー2号、サンダーファイヤーパワーボム(TFPB)

鉄拳シリーズからはキングがエントリー。ジャガー・バックブリーカーというオリジナルの名称で使用している。鉄拳6ではグランドスマッシュカウンター時に発動させる。
長々と揺さぶるのではなく、一瞬の力を込めて絞る。
派手な技が目立つが、ジャガー・バックブリーカー、アルゼンチン・バックブリーカー、ボー・アンド・アロー・バックブリーカーとクラシカルな背骨折りも得意とする。

1 2 3 4





karykaruさん

色々なものをまとめます。

このまとめに参加する