1. まとめトップ

ダントツ宣言したau iPhone5S及びソフトバンク、ドコモのLTEの実力比較まとめ

800MHz帯のLTE対応で、ダントツ宣言をしたauのiPhone5S。それでは、本当にダントツなのか?各種のキャリア別のネットワーク速度比較をまとめてみました。

更新日: 2013年09月26日

1 お気に入り 2132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「差はなかなか詰まらない」……田中社長、auのiPhoneが“ダントツ”と宣言

KDDIは20日、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオにてiPhone 5s/5cの発売イベントを開催した。同社の田中孝司社長はイベント後の囲み取材に応じ、「三社比較しても(auのネットワークが)ダントツだと思っている」とその実力に自信をみせた。

田中社長はプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯のLTEによって、auのLTEネットワークは“ダントツ”であるとアピール。「800MHz帯は3年前にプロジェクトを立ち上げ、この日に向けて準備してきた。全国で(下り最大)75Mbps対応にするのはかなり大変」とした。800MHz帯のうち10MHz幅をLTEに割き、全国で下り最大75Mbpsのエリアを拡大していく。

プラチナバンド帯を利用したLTEとしては、ソフトバンクも来年以降に900MHz帯LTEを開始する予定。このことに関しても、「我々も(800MHzの整備に)かなり時間がかかった。その差はかなり出てくるし、なかなか詰まらないと思う」と余裕をみせた。

では、本当にダントツなのか?

すべての結果をまとめてみました。いままで公開していたのは下りの速度だけでしたが、上り速度もまるっと合わせた表にしました。

 繰り返しますが、この結果は9月20日現在のものです。各社とも常に通信状況の改善は行っているはずですし、数ヵ月もすれば異なる結果が出てもおかしくありません。計測結果は事実ではありますが、あくまでご参考程度で見ていただいた方がよさそうです。

記事では、「今回の計測結果を振り返ってみると、KDDI(au)の通信は常に安定し、通信速度も好結果が出ていた」としており、事前予想の通りKDDI(au)が安定して速度がでていたようです。KDDI(au)は下り最大75Mbpsに対応するエリアの実人口カバー率を97%(8月末現在)と説明しており、それが実際に数値となって表れたようですね。

ユーザーも関心が高い3社の比較

iPhone5sを3社でスピード比較したらDOCOMO遅すぎて計測不能とか(笑)

結局iPhone5s、5cのキャリアはどれがお得なのか? 料金、つながりやすさ、下取りで簡単比較! #getnews buff.ly/1h3e9Cd docomoが1番安いのには理由がある。

au、SBにDocomo完敗「しかもドコモに関しては速度が遅すぎるため計測不可能となるケースも…」:iPhone5s通信速度テスト3キャリア比較山手線編。全駅でドコモ,au,ソフトバンクを比較 - Engadget Japanese

@tuka_e4 @mellostar22 テスト方法がソフバンの都合のいい測定法方なので参考値ですね 今iPhone5sを3社突き合わせて比較してるテストでは ソフバンは成績がいいのでそんな所なんでしょう 一度山頂で測定して欲しいと思いますが これはさすがに需要が少ないですかね

山手線一周iPhone5sキャリア比較はもう飽きたんで、建物の中でどれくらいいけるのか誰か調査してくれんかのう

iPhone 5sのLTEスピード比較で、都心部、地方ともドコモ苦戦。スピードだけでなく繋がりやすさでもダメな結果が。 goo.gl/TVqZsD(山手線内)goo.gl/UV4S5X(地方都市)#iphone5s #LTE

1