1. まとめトップ
  2. ガールズ

ロックコーデの定番、ドクターマーチン(Dr.Martens)のコーディネート

ミュージシャンやモデルにも愛好者の多いブーツ、Dr.Martens。音楽や映画との関連が深く、時代を超えて愛される定番アイテムです。パンクやロックファッション、ミリタリー以外にも、大人カジュアルやモードな着こなしも可能。

更新日: 2014年06月20日

1099 お気に入り 421119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pokkachanさん

ドクターマーチンはゴツめブーツの代表格。

ハードでタフな魅力は、時代を超えた一つのスタイルとして支持されています。

「フェミニン×マスキュリン」で作るジェンダーミックスや、ガーリーカジュアルで気負わず履くのもイイ。

◇旬のチェック柄と合わせる

大きめサイズのチェックシャツとワンピを重ね着。

そのままだと地味になりそうなところに、赤のマーチンを合わせてパンチの効いたコーデに。

チェックシャツの腰巻きでアクセントをつけたシンプルコーデ。マーチンはスキニーと同じ黒で脇役に。

全身ダークカラーの着こなしに、ブルーのチェック柄が爽やか。

ゆったりサイズのメンズ風ネルシャツと、ハードなダメージデニムのショートパンツでグランジファッション。

モノトーンの服に合わせた派手色マーチンがクール!

◇大人のマニッシュコーデに

ロックな印象のレオパード柄マーチンを、黒コートとボーダー柄レギンスでシックに。

マーチンの魅力は「クラシックでクールなデザインで飽きないところ。何年も履けるほど丈夫」だとか。

優しいキャメルカラーのコートを主役にして、ショートパンツを女性らしく着こなしてます。

黒のチェスターコートとスキニーですっきりと縦のラインを作った、メンズライクなコーデ。

デニムの裾を折ってちら見せした足首が、程よい抜け感を演出。

◇秋冬カラーでコーディネート

秋らしい深みグリーンのニットワンピ×黒のマーチン。三つ編みやガーリーなソックスがノスタルジック。

こっくりしたキャメルブラウンのコートを羽織って、レースワンピを秋顔に。

黒マフラーで顔周りにポイント付け。マーチンはコートと同系色のブラウン。

ネイビーのワンピースと丸襟シャツでガーリーな重ね着。

黒のマーチンに映えるマスタードイエローのソックスが可愛い。

バーガンディのカーディガンと黒ワンピがシックな秋冬コーデ。大ぶりネックレスで首元にポイントを。

◇カジュアルに日常使い

デニムシャツ×ニット帽で、カジュアルな女の子らしさが引き立つ着こなし。

靴はニット帽と色を合わせてボルドーをチョイス。

グレーのグラデーションコーデを、コンパクトな黒のジャケットで引き締めた着こなし。

淡いピンクのマーチンでガーリーさを出しつつ、足元がぼやけないよう黒の靴紐で調整。

ざっくり感が可愛いベージュニット×黒のショートパンツ。

ベージュと黒で揃えたコーデに、オレンジのネックレスとイエローの靴紐がアクセント。

レースワンピに渋めなチャコールグレーのカーディガンを合わせたガーリーMIX。

花柄マーチンとニット帽でシンプルコーデを華やかに。

ガーリーコーデの外しアイテムとしても便利。

ふんわり白ニットと黒フリルスカートのガーリーコーデに、マーチンを合わせて辛さを足した着こなし。

◇ダークカラーに合わせやすいのが赤系

ざっくりニットとスキニーのカジュアルコーデに、チェリーレッドのマーチンを合わせて地味コーデを脱出。

ファー小物やネックレスもかわいい。

ハットとチェスターコートでメンズっぽくクールに。ダークカラーのコーデに、チェックシャツとマーチンの赤がポイント。

モッズコートにマーチンを合わせてミリタリーファッションを満喫。
カーキとボルドーの渋い色合いが魅力。

◇グランジ&ロックファッション

ロックファッションと言えば黒ベース、ヒョウ柄、ダメージデニム、ボーダーニットetc。

グランジロックから生まれたグランジファッションの持ち味はより退廃的&ダーティー。

ライダース×ダメージデニムのショートパンツを合わせた、王道ロックコーデ。

アイテムのキャップとボーダーソックスでメンズライクに。

グレーのフリルワンピ×デニムジャケットで、ダーティーに見せるグランジファッション。

ゴールドのマーチンとライムイエローのニット帽で派手に。

黒ニットと迷彩パンツにマーチンを合わせて100%タフな着こなし。

ニット帽や太めチェーンのブレスレットでメンズライクに、とことんゴツく。オラオラ感がイイ!

1