1. まとめトップ

【動画】吉野家が展開する1人鍋専門店「いちなべ家」が実は"贅沢すぎる"と話題に

吉野家は1人で食べられる鍋の専門店「いちなべ家」をオープンし、その内容が贅沢であるとネットで話題となっています。その概要をまとめてみました。

更新日: 2019年08月19日

32 お気に入り 56004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilabjpnさん

■ 牛丼の吉野家が展開

吉野家ホールディングス傘下の吉野家は1人で食べられる鍋の専門店「いちなべ家」を開業した

吉野家は牛丼店で鍋料理を提供したこともあり、商品開発のノウハウはあった。牛すき鍋で使う肉は牛丼と同じものを用いるなど、材料の一部を共通化し原料調達コストを削減する

将来は100店以上に多店舗化する計画で、新たな収益源に育てる狙いだ

■ 千代田に1号店

営業時間は午前11時から午後10時までで、20~30代の働く男女を中心に1人または2人で来店してもらう

■ メニューも豊富

鍋のメニューは「牛すき鍋」「豚しゃぶ鍋」「ちゃんこ鍋」「坦々餃子鍋」「きのこと鶏だんご鍋」「キムチチゲ」「豆乳鍋」の7種類と豊富

「定番からシーズン・トレンドモノまで、あっさり系からこってり系まで、幅広く選べるようにした」

(吉野家 未来創造研究所の高田健一部長)

■ 専用鍋で贅沢な気分に

座席はカウンター席のみ。テーブルをよく見るとひと席ごとにIHクッキングヒーターが設置されており、1人鍋専門店ということが分かる

鍋を注文すると、肉や野菜などが生のまま皿に盛られて提供される。1人のテーブルの上に鍋、肉や野菜がのった皿、たれといった鍋セット一式が並ぶと、ぜいたくな気分に。

湯が沸くまでに1分半から2分程度、しゃぶしゃぶならその後すぐに食べ始められる

■ 鍋の重要なシメまで考慮されている

肉や野菜を食べ進めていくと、実はうどんも添えられていることを気付く。ランチタイムはご飯も無料だが、鍋における重要なプロセスであるシメまで考慮されている点がうれしい

800円前後はちょっと高いかなという印象を持っていたが、1人で鍋を食べるぜいたく感と具材の豊富さを考えれば、満足度は高い

■ 香港の吉野家では大人気

香港の吉野家では、最初にレジで注文してからレシートを調理受付に持って行き、料理を受け取って好きな場所に座って食べるシステム

その中でも、最もおすすめだったのが「日式火鍋定食」(牛肉しゃぶしゃぶ鍋)。これは、牛肉と野菜がセットになったしゃぶしゃぶの鍋。さらに締めとして、讃岐うどんかこんにゃくかが選べます。しかも1人分

店内を見渡すと、この1人鍋を楽しむ香港の人々がたくさんいました。1人で鍋をつつく男性、3、4人の若い女性グループら、皆、ほとんど残すことなく鍋を味わっていました

■ 動画

▼ 参考サイト

1 2