1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

oguyanさん

タタリの藪知らずとも呼ばれる八幡の藪知らずは、国道14号沿いの市川市役所の向かいに位置する。この藪には、一度藪にはいったら二度と出てこられなくなるという伝承がある。古くから伝わる伝承の他にも、藪の竹を切ろうとした者が大怪我をしたり、変死してしまったという噂もある。藪自体はけっして大きいわけではない。奥行き幅とも18mに過ぎないのだ。文献によると少なくとも江戸時代にはこの大きさになっていたそうだ。

手入れされていない下生えを見ると、やはり人が入った形跡は全くありません。ありがちなゴミの不法投棄も見られず、掃き清めらた境内と言い、やはり地元の方々は畏敬の念を持ってこの森に接している事が伝わってきます。
人通りの多い場所で、地元の方々はほとんど「藪知らず」に注意を払う事も無く、道を行き交っている様に見えますが、中には通りすがりに軽く頭を下げる姿も見られました。

迷い込んだ水戸黄門は多くの妖怪変化に襲われたという。
しかし、流石天下の水戸黄門である。あふれ出る妖怪の群れにも臆せずにいると、白髪の老人が出てきたという。そして、こう告げた。「この場所は人間が踏み入る場所ではない。貴殿は間違って入りこまれたようなので、今回に限り見逃す事にする」
次の瞬間、水戸黄門は藪知らずの外に出ていた。そして、水戸黄門は周囲の住民を集め、この場所には決して入ってはいけないと諭したのである。

仕事で、禁足地と言われる八幡の藪知らずの前を通った時に、真っ昼間なのにすげー怖かった。想像してたより凄い狭くて民家も隣接してて最初は期待外れだったのに、じっと見てたら怖くなった。

女の子居なくなったのって確か八幡の藪知らずでしょ?ガチかもね本当に

よろしければ、こちらもどうぞ

1