1. まとめトップ

一重さん必見!一重を生かすアイメイクの決定版

雑誌やネットでよく見るアイメイク術ってたいていは二重用ですよね。それを一重の人がしても中々うまくいかないんです。なので、一重を生かす一重さん用のアイメイク情報をまとめました。「一重を生かす」ということで、アイプチなどで二重にする方法は載せていません。

更新日: 2020年01月22日

4194 お気に入り 5001873 view
お気に入り追加

Q.リキッドとペンシル、どちらがいいの?

A.失敗がないのはペンシル、落ちにくいのはリキッド

ペンシルの方が自然で優しげな仕上がりに。キリッときめたいならリキッドがおすすめです。また、ペンシルは落ちやすく、リキッドは落ちにくいです。

アイシャドウ・テクニック

パーソナルカラーに合った色のコスメが用意できたらいざ実践です!

雑誌やTV、ネットで紹介されているメイク方法は二重の人向けの物が多く、一重の人がそのまま真似しても目を開けた状態での色の見え方が変わります。

一重の人向けのアイメイク方法を色々ご紹介しますので試してみましょう!

アイシャドーを塗るのはアイホールと呼ばれる、瞼の眼球にそった半円の部分です。画像の点線で囲われている所ですね。

この部分からシャドウがはみ出てしまうと立体感が狂ったり不自然な感じになってしまいます。
あえてそういう風にするメイクもありますが、まずは基本を抑えるということで自分のアイホールの位置や大きさを確認してください。

一重の人、特にボリューム一重の人はアイホールが解り辛い事があります。

そんな時は以下の方法を試してみてください。

●実際に触って眼球のカタチを確かめてみる
●眉毛の中央の部分を指で上にひっぱるとくぼみや影が出来て分りやすくなる
●目頭と目じりから半円をイメージした箇所

よく言われる「基本的なアイメイク」はアイシャドウ・アイライン合わせて3~5色ぐらいの色を使います。

ざっくり分けると
●ライトカラー(明るめ)
●メインカラー(中間色)
●ダークカラー(濃いめ)
といった感じで明るさ・暗さの段階別にシャドウを塗ります。

アイホール全体にライトカラーを塗り、メインカラーは目を開いた状態で少し見えるくらいまで、眼の周りにダークカラーをのせます。
ここにハイライトやダークカラーよりさらに濃い色などで目に立体感を出すと目元の印象が強まります。

一重さん用アイメイクテクニック

おすすめコスメで紹介した「オーブ クチュール デザイニングインプレッションアイズII」はまぶたの中央、鼻側にメインカラーを塗るグラデーションシャドウです。

こうすることで一重の人が目を開いた時に一番綺麗にメインカラーが現れる配置なんだそうです。

これは私も試してみたんですが、目がむくんでいる時は確かにいい感じになりました、そうでない時はちょっとバランスがおかしいような…。

効果が出やすい目のカタチとそうではない目のカタチがあるので一度試してみてください。

黒目(光彩)がある辺りのアイライン、ダークカラーはちょっと盛ると、黒目が大きく見えます。

ただし、ここでやりすぎるとケバくなるので注意して下さい。

お店で化粧品を見ていると、こんな凄い色を使う人がいるのかな、と思うような派手な色のアイシャドウってありますよね。

使うとパーティメイクっぽくなったりケバくなったりする印象がある派手色でも、一重の人は逆に目元がほどよく強調されて周りと一線を画すおしゃれ感が出ます。

使い方はアイホール全体に入れるのではなく、目じり側にラインのように入れるのがおすすめです。カラーアイライナーが使いやすいです。

目頭と目尻にダークカラーをいれ、まぶたの一番山になっている部分にハイライトカラーをいれてぼかすことでまぶたが立体的になります。

目元の凹凸を目立たせると目元の印象が強くなり、ぼやっと見える一重の目元を引き締めてくれます。

目に力を入れて微笑んだ時に目の下にできる丘のような部分が涙袋です。
ここにホワイトのアイシャドウをのせると涙袋が強調され、縦の方向で目が大きく見えます。

クマが目立たなくもなるのでクマに悩んでいる人にもお勧めです。

目じりにぐっと長めにアイラインを引く「猫目アイライン」。
少し前に流行したメイク方法ですが、これは結構定着しましたね。
上側の目の際のラインに沿って勢いで引くのがポイントです。

とにかく目力を強くしたい!という人はアイシャドウ・アイラインよりもまつ毛に力を入れましょう。

まつ毛を長く、ボリュームアップさせることで目が大きく見えます。

マスカラは繊維が入ったロングラッシュタイプと、上にカールさせキープしてくれる2種類用意します。

一重の人はまつ毛が短く見える人が多いので、まつ毛を長く見せてくれるロングラッシュタイプが重宝します。

まつ毛を上に持ち上げてデカ目効果を出すビューラーは、日本人の目に合わせて作られたものを使いましょう。

使う時はドライヤーやライターで火傷しない程度まで暖めると、ビューラーの効き目が長持ちします。

少しでも効き目を長持ちしたいなら、まつげのトップコートも使いましょう。

下まつ毛もしっかりマスカラしましょう!

上まつ毛ほどしっかりやらなくても良いですが、下まつ毛もボリュームアップさせると更に目が大きく見えます。

一重は鮮やかな色が似合う!

一重はまぶたの陰影が弱い分、鮮やかな色が綺麗に乗ります。

画像は一重さん用のドーリーメイクのやり方です。
【必要なもの】
◎アイシャドウ
(画像で使われているものはドーリーウインク アイシャドウ、04 グリーンピンク)
◎アイライナー(ジェルタイプ)
◎マスカラ
◎つけまつげ

④の工程で地まつ毛をカールさせたらつけまつげをつけます。つけまつげは無くてもよさそうですが、まつ毛がしっかりとしていた方が目元の印象が良くなります。

まぶたイエロー、目じり赤も可愛いですね。

目のむくみを取ってスッキリ

【まゆ頭の内側のくぼみにあるツボ】
親指を軽く当てて、優しく上に向かって3秒ほど押します。これを3回ほど繰り返します。くれぐれも、爪で傷つけないように気を付けて。

【目頭の下のくぼみにあるツボ】
中指を軽く当てて、同じように3秒ほど押します。これを3回繰り返します。

まぶたの周りは顔の中でも皮膚が薄い部分。刺激に敏感なことから、血流が滞ると腫れぼったくなったり、クマができてしまったりしやすいところです。

いつものスキンケアをした後、目元周り専用のクリームや保湿クリームを目元の気になる部分に塗り軽くマッサージする事で血流促進、たまった水分や老廃物を流してくれます。
蒸しタオルをあてれば目の疲れも取れてさらにグッド!

みんなの一重(&奥二重)メイク

奥二重の方です。奥二重は一見一重に見える二重といった目なので一重の人も参考になると思います

1 2 3