1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

タワーマンションでハイエンドな暮らし。憧れますよねぇ。

都内でタワーマンションを購入して快適な生活。憧れますよね。
ですが、2014年 4月1日に消費税5%が増税され8%になるかも・・・。
タワーマンション購入検討者も増税前に契約したからって影響は思いっきり受けます。
そこにあわせて、どうすれば賢く購入できるのかをまとめました。

増税に合わせて何が起こるの?

住宅ローン利用者に対して年収制限を設けて最大30万円の現金を給付することが発表された。

でもそもそも土地は課税対象外。都心部は地価が高いから遠隔地のマンションと比べても
増税の影響は劇的に変わらない。

すでに建築費の上昇は始まっている。関係者によると10%は上がっているという。

消費税増税に合わせてすぐに値上げとまではいかないだろうが
利益率を落としたり設備仕様レベルを下げたりする企業努力がいつまで持つか
デベロッパーのターニングポイントを見極めて購入時期を検討する必要がある。

都心勤務で快適な通勤なら 東京23区内の新築マンション

都内でラクチン出社も可能。アクセスの良さを謳っているマンションが多いですし、ステイタスにもなりますよね。

都会の喧騒を離れたいなら 神奈川の新築マンション

東京よりも落ち着いており、住みやすい。だけどアクセスも悪いわけでなく、都心企業に勤めている場合でも苦じゃなく通える横浜も良いですよね。

では検討する際に必ずチェックしなければいけないポイントは?

1 まず耐震性

免震と制震か?だけではなく
耐震改修促進法まで調べてみるのも勉強になります。

2 老後に重要 資産価値

出典suumo.jp

資産価値が下がらないマンションの見極め方は
将来設計に大きな影響を及ぼします!

3 住んでから気づいても遅い 修繕費

共益費が安い場合、修繕費でがっつりとられることも。。。。

4 階層でトラブル回避? ご近所付き合い

共用スペースなど住人と顔を合わせる機会は多いです。
新築であればみんな同時期に入居するので、同じ立場なのでコミュニケーションがうまく行きやすいといわれています。その他には住んでいる階など考えもしなかった事で先入観を持って見られることがあります。

5 子育てでも差がでます。

子供が生まれてから気づいては遅い。
23区によって子育てが優遇される場所もあります。
将来設計を持って購入検討時に考慮すれば
財政的にも多少救われます。

1 2