1. まとめトップ

ヘアスタイルが決まらない時ヘアウィッグを活用する人も増えている

ヘアスタイルが決まりにくくなっている時、ヘアウィッグを活用することでヘアスタイルが決まることが多いようですが、まとめてみました。

更新日: 2017年02月09日

resinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 86671 view
お気に入り追加

ヘアスタイルが決まらない

朝のヘアスタイルが決まらない、髪の量が少なくなってきて思うようにまとまらなかったりすることが多いですが、部分的なウィッグを使うと解決する場合もあるようです。

一般的にいわれていること

●更年期になるとホルモンのバランスで抜けやすくなる。
●ストレス性の抜け毛もある。
●食べ物の栄養が足りてないと抜けやすくなる。
●シャンプー剤など頭皮に合わないものを使っている。
●頭皮に脂が溜まりすぎて、髪に栄養が行き渡らないことで毛根がダメージを受ける。
●頭皮の状態が悪くなり(血行不良など)、それが引き金になる。
●髪の毛を作り出す機能が衰える。など。

みんなはどんな風に悩んでいるの?

よく聞く対策方法

サロンに行く以外の対策方法であまりお金を掛けたくない場合、いわゆる民間方法というものがあります。

●食生活を見直す
●不規則な生活を改める
●サプリメントを飲む
●禁煙、禁酒
●シャンプーを変える
●毛髪剤を使ってみる など

髪型で雰囲気ががらりと変わります

ウィッグは気軽にとても一般的になり、取り入れる人も増えているようですね。
金額もピンからキリまであり、用途に応じて使えるものが多いようです。
今は昔のように高くなく、気軽に取り入れられるものとなっています。

例えば、つむじが薄くなって来てるなら、つむじ付きの部分ウィッグ。
つむじはまだ平気だけど、毛足が細くなってボリュームが減って来た場合は、毛束が増えるようなタイプの部分ウィッグ。
見た目も自然なタイプもあれば、テカテカ光っていかにもカツラのようなタイプもあります。
そして、薄くなった部分を増やすケアなどをしながら、外出する時に気になる部分をウィッを付けて同時進行でしていくという人も。

ヘアウィッグの一例

【ドクターシーラボ】からも数量限定ですが、トップピース(部分タイプ)が発売されました。
フォンティーヌとのコラボです。

http://www.ci-labo.com/shopping/product/00037624/

各種ウィッグを付けてる人の感想(一例)

思った以上に軽いです。そして、自然。ただ初めてつける時は手間取りました。慣れてくるとワンタッチ感覚でつけられます。

憂鬱だった雨の日に前髪を気にしなくてよいというのは本当に嬉しいです。届いた翌日がどしゃ降りで、さっそく着けて行きましたが、誰にもウィッグだと気づかれませんでした^^

事前にサンプルを頼んで色の確認をしたので、色は大丈夫でした!
かぶったらウィッグだってわかんないです!!
くせ毛なので前髪をのばしています。

つむじとサイドのロング部分があるタイプで、自分の髪と絡ませ易くて、とても自然です。

一般的な他の方法

髪の量を増やすエクステンションと呼ばれる、毛束を直接自毛にゴムなどで巻きつけて装着するタイプのパーツ的なウィッグです。(美容院やエクステンションを取り扱うサロンで施術を受けます)

1 2





resinさん

興味を持ったことをまとめていこうと思います。
自分自身が調べ物をする時、一つ一つ調べるのも楽しいですが、まとまっていると探すのが楽なので、それがどなたかの役に立つこともあれば嬉しいです。