出典 blogimg.goo.ne.jp

その決定をユダヤ人側は受け入れたのですが、パレスチナ側は拒否しました。そもそもこの一方的な提案が国際連合に提出されたのも、ユダヤ人側の働きかけによるものでした。

分割といっても、公平性はありません。パレスチナ人・アラブ人からみたら、そもそも居なかったはずのユダヤ人が一方的に国家を設立し、しかもエルサレムという宗教的に意味のある土地を占有する権利を独占させることを意味したからです。
パレスチナ人達は、ユダヤ人・パレスチナ人が民主的に共同経営する国を提案しました。しかしこれをユダヤ人は受け入れませんでした。選挙による民主主義的な決定が少数派の彼らの振舞を制限する事は間違いなかったからです。

この情報が含まれているまとめはこちら

中東問題がどうしてこうなったか歴史的経緯がよく分かるまとめ

パレスチナ人問題・クルド人問題・ユダヤ人問題が中東においてどのように拡大していったのかをまとめました。

このまとめを見る