1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

神奈川・鎌倉市 体長10mのクジラが打ち上げられる
神奈川県鎌倉市の海岸で、体長約10メートルのクジラが打ち上げられているのが見つかりました。

 警察によりますと、5日午後2時半ごろ、多くの海水浴客でにぎわっていた鎌倉市の由比ガ浜の海岸で「クジラがいる」と110番通報がありました。警察官が駆け付けると、体長約10メートルのクジラが打ち上げられていて、すでに死んでいたということです。神奈川県がクジラをどのように処理するかなど、対応を検討しています。

政治、経済、文化などの要素が複雑に絡み合い、日本は捕鯨をやめることができない。管義偉官房長官が「国際条約は完全ではない」と言うように、日本は国際捕鯨取り締まり条約の抜け道を探り、狙っている。

国際司法裁判所は、日本に対し南極海域での捕鯨活動を禁じただけだ。東日本大震災後に漁業者の多くが漁場を失った日本は、簡単に捕鯨を放棄できない事情がある。米メディアも、国際司法裁判所の判決は日本の捕鯨活動の停止を意味しないと分析している。日本の当局は、クジラが漁業に与える影響を調べるためにデータを収集する必要があるとしている。日本はそのプロジェクトを作りさえすれば捕鯨を再開することが可能だ。さらに、日本は以前から国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退の可能性を示唆しており、IWCの採決も日本を拘束する力はない。

 鯨を穫ること、食べることをやめるという判断をすることは簡単だ。しかし、そのことによるデメリットもあることは知っておくべきだ。

 鯨を獲ることをやめることで経済的なメリットが一時的にはあるかもしれない。しかし、長期的に考えればどうなのかはわからない。文化について考えるのに忘れてはいけないことは、それは一度失ってしまうともう元には戻らないという点だ。

 もっとも日本はウナギやマグロを食べ尽くすまで獲ってきたわけで、今さら資源のためにクジラを獲ろうという主張は整合性を持たないかもしれない。漁業を含めた日本人の食について包括的に考えなければいけない時期にきているのだ。

米海軍の訓練や実験によって、器官に気泡が生じたりするほどの大音響が海に響き渡る。
多数のクジラやイルカたちが、方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血を起こる。

米海軍は近頃、環境影響研究報告を発表し、軍の訓練や実験がアメリカの東海岸、メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに生息する海の哺乳動物に壊滅的な影響を及ぼしている可能性を認めた。

 海軍はこれらの海域で、アメリカ海洋大気圏局のプログラム準備のために実験を行ってきた。
海軍の推定によると、模擬実験のせいで、東海岸沖で186頭、ハワイや南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死んだ可能性があるという。さらに重症を負ったものは、11267頭にものぼり、方向感覚を失うなどの異常行動も多数確認されているという。

こうした海軍の見積もりに疑問を呈する者もいる。天然資源保護協議会(NRDC)の政策アナリスト、マイケル・ジャスニーは、それほど頻繁でない騒音でさえ、ヒゲクジラの採餌パターンを混乱させ、その個体数に悪い影響を与えることがあると指摘し、ソナー(音波探知機)訓練の後、ハワイ沖でおびただしい数のクジラが座礁した例をあげた。

1