北朝鮮では2001年以来の大規模な干ばつにより食糧不足が深刻化しており、食料の輸入が必要だとの報告書をまとめた。

FAOによると、北朝鮮の主な食料生産地域における降雨量は4―6月、長期平均を大幅に下回っており、コメやトウモロコシ、ジャガイモや大豆などの主要農産物の生育に悪影響を与えている。これにより、今年の表作は損害を受けているという。

さらに報告書では、最も影響を受けやすい子供や老人に適切な食事を供給するためには、今後3カ月間、商業的もしくは援助的な方法で食料輸入を増やすことが不可欠だと述べた。

FAOで中国・北朝鮮を担当するビンセント・マーティン氏は声明で、干ばつ被害は南浦特別市、平安北道、平安南道、黄海道で特に深刻になる見込みで、これら地域での表作による生産量は全体のほぼ3分の2を占めると指摘。

出典北朝鮮「大規模干ばつで食糧不足が深刻です。ご飯をください」 - 亜細亜☆蟻速報 (2chまとめ)

前へ 次へ