1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

良い香りさん

世界中で反遺伝子組み換え、反M社が広まっているのに日本だけ積極的に受け入れ。 売国議員ばかりの日本では、国民がガンになろうが、病気になろうが関係ない。 ハンガリーを見習えよ。ハンガリーは、遺伝子組み換えのトウモロコシ畑を焼き払い、○○スも出入り禁止やぞ。

あなたは食べたい? 茶色にならない遺伝子組み換えリンゴ、米農務省が認可! 2016年から市場へ! rui.jp/ruinet.html?i=…pic.twitter.com/QVSjbtbNHj

遺伝子組み換えだけでは無くても危ないですね。。。除草剤!!!!

JA推奨!日本でバンバン使われているモンサントの除草剤ラウンドアップは諸外国で使用禁止の猛毒 |泣いて生まれてきたけれど s.ameblo.jp/sunamerio/entr…

毎日の食事で気をつけたいこと。 “がん”を引き起こす食べ物トップ10 rui.jp/ruinet.html?i=… pic.twitter.com/IcOAJs36hW

街の安価なハンバーガー・牛丼・トンカツ・焼肉の肉は全て輸入品! 鶏・豚・牛とも全てに、「初潮」も早く来る、とんでもない薬=成長ホルモン薬剤使用! また遺伝子組換え飼料+栄養剤をガバガバ食わす! こったら肉を食っていたら、何れ体がおかしくなるのは当たり前! 子供には極めて危険です!

これがモンサントの除草剤「ラウンドアップ」の効果。一般大豆なら根まで枯れる。この猛毒な除草剤にも枯れないのが、毎日、食べてる遺伝子組み換え大豆。大豆に除草剤が残留しても、検疫では問題にならず。すでに残留基準を上げたから。 pic.twitter.com/vXfHoUQW0K

ついにコネチカット州で米国初の「遺伝子組み換え食材の表示義務化法」が成立!p.tl/3_hR  TPP批准の為のTPA法も成立はほぼ不可能にp.tl/adSc  株式会社化された米国ですら、国民の声は決して無力じゃない。#食

農家ですが、今は事情があり、作付制限に遭っています。以前、先­物取引会社に就職していました。GMO作物は、毎年種子を更新が­原則です。これを守らないで自家採種した種は、育ちますが、化け­物と云った方がいいです。親というか、前の作物と別モノになって­います。中には、花粉ができない種子もできています。隣に同一の­種類を植えたら、交雑すると壊滅します。これだけは、言えます。­危険なモノです。

昔はスマートな体型のアメリカ人だったのが、近年にして豚みたい­に肥えたのはGMOのせいだとも考えられる...だから肉は勿論­のこと、野菜や家畜肥料にも全てでは...どこか臓器や循環器も­やられているらしい...もしもTPPが開放したら、日本もアメ­リカ人みたいに豚...やばい誰か来た!

長いものに巻かれるではなくて・・・長いものを利用するですね・­・・そうか・・・
ジャーナリスト堤未果さん・・・さすが!

遺伝子組み替えトウモロコシ・・・日本に沢山入っているはずなの­に・・・日本の食品のラベルには”使っていない!!”と・・・表­記されているものばかり・・・???不思議でした。
こういう風に”見えないように””目立たないように”・・・でも­、シッカリと・・・入っているんですね;;。

1