1. まとめトップ

ロバ丸を愛でたくなるエピソードまとめ「俺女の子が生みたい」

ロバ丸と呼ばれることもあるKAT-TUNの中丸雄一くんと上田竜也くんのコンビ。KAT-TUNの中では年長者である二人の仲良しエピソードを有名なものからコアなものまで集めてみました!

更新日: 2014年10月26日

378 お気に入り 685827 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jankystyleさん

出典ameblo.jp

一部のファンの間では女王様と下僕的な(もちろん女王様=上田、下僕=中丸)扱いを受けることもあるとかないとか。

そんな彼らの微笑ましいエピソードやせりふを見ていきましょう。

そもそも何でロバ丸?

その昔、少年倶楽部で上田が滝沢くんに「ロバに似てる」と言われたことが発端。
チーム戦で中丸と上田が組んだ際のチーム名がロバ丸(上田=ロバ、中丸=丸だけをとって)。
そこからファンの間に浸透していったロバ丸呼び。
「ロバに似てる」のくだりを知らなければなんのこっちゃわからん呼び名。

(ちなみにこの時のチーム戦で勝った方はひとつお願いを聞いてもらえるという特典が。勝ったロバ丸は、当時今井翼に憧れていた上田が「翼くんのバックで踊りたい」と言い出し見事その願いを叶えてもらった。もちろん中丸の意思はここにはない)

中丸「お前、きれいだったよな(笑)」

2007年、コンサートでセーラー服を着た上田君への感想。改めて言われても。

お祭の人混みの話題で中丸「俺はわかりますよ上田が歩いてたら」上田「おめんかぶってても?」中丸「うん」上田「ジャージとか着てても?」中丸「うん」上田「(笑)」

絶対の自信。

舞台「SHOCK」に出演していたKAT-TUN。
中丸がミスをしたことがあり、上田がそれをカバーできなかった。
それを亀梨に指摘され「お前にできても俺にはできないんだよ!」とブチ切れて殴り合いの喧嘩になった2人。
それを泣きながら必死で「もうやめろって!」と仲裁した中丸(喧嘩の発端)。

上田的には、普段から中丸と「このグループをどうしていったらいいだろう」と話し合っていたため、亀梨の「お前は仲間のことをなんとも思ってない!」という一言が我慢ならなかったそう。

旅行に行くロバ丸(※注:完全プライベート)

2006年。オフが重なり那須塩原に日帰り温泉旅行に行ったロバ丸。普段は、前を隠す中丸だが1対1なら冷やかされることもないだろうと意を決して前を隠していたタオルを取ってみた。しかし女湯の方に気を取られていた上田はそのことに気付かなかったらしい。「た、多分僕のタオルの外し方が自然だったんですね!」と強がる中丸。

カメから「それが狙いで行ったの?」と言われる。

出典ameblo.jp

2007年。那須塩原の時とは違い、計画的な旅行。
2泊3日で富良野のラベンダー畑・札幌の時計台などを回ったそう。
中丸のページでも嬉しそうに報告する。

聖にも「こいつら2人で旅行ばっか行ってやばいんです」と言われる。
それに対して「部屋は別々だ」と抗議する2人。もうどっちでも。

ちなみに飛行機などの手配は全て中丸が担当。
上田はホテルの予約のみだったが、札幌と新札幌を間違えて予約。
結局中丸がキャンセルの手続きと新しい宿の手配をした。

ラベンダー畑でテンション上がってはしゃいで花畑を2人でダッシュとかしながらタイマー機能で2ショを撮るろばまる pic.twitter.com/YdiFilCWpk

中丸:(旅行で部屋を別々にするのは)鉄則ですね。だって上田の風呂の温度設定ってめちゃくちゃ熱くて熱湯風呂かよ!と思うし、風呂の床はトリートメントでぬるぬるになるし、携帯の着メロがでかくてウザいし、夜寝るとき部屋の電気真っ暗にしちゃうし、俺は薄明かり派なんですよねぇ。

この証言から、お泊り経験は上記2つの旅行だけではないと推察される。とロバマラーは言う。

ラジオで九州トーク。
上田「いいな、九州。ちょっと遊びに行くか!」
中丸「プライベートで?」
上田「今だったら俺、お前とでも行ってあげる」

絵にかいたような正統派ツンデレ。「俺が全部手配するんだろ~?」と言いながらも「いいね、行こうか」な中丸。

出典prcm.jp

ラジオより。
二人でゲームをしていたロバ丸。
しかし上田がぼろ負け。
悔しくなった上田がブチ切れ、中丸に蹴りをかます。
それが気に食わなかった中丸は脳震盪を起こして死んだフリを。
そうすると段々心配になった上田が「…おーい…なかまる……?」とトーンダウンしたらしい。

過去のnavi漁ってたら出てきた…。私的にろばまる史上最もこわい。寒気がする pic.twitter.com/nel3n4vvqS

それは…どういう意味ですか…。

その昔、すごく恥ずかしいメールアドレスだったことがある、と言った上田に対し、「ウエタツジャクソン?」とすぐに切り替えし、しかもそれが当たっていた中丸。

昔のアドレスまで…記憶力!

中丸→ファンからの「メンバーの中で可愛いと思うのは?」の質問に対して「まぁ最近上田は女の子っぽいというか中性的でそれは可愛いですけどね(冫、*)←ガチかww【サマプレ福岡】

コンサートでイントロクイズの際、チーム分けで亀梨と「THE・イケメンズ」に所属だった上田。それを中丸から「イケメン(亀梨)じゃないほう!」と言われて「お前うるせーぞ!」と中丸を追いかける。「さすがに足速ぇ!」と中丸が笑うほどの全力疾走で中丸を捕まえて蹴る上田。蹴って、蹴られて楽しそうに笑う2人。と思いきや、この後異様に機嫌が悪くなる上田。よほどショックだったらしく、フォローのつもりか近くに座って来た中丸を露骨に避けるような様子も見せていたとか。

ろばまらーはこれを公開痴話喧嘩と呼んでいます。その後、別場所での公演ではいつも通りの二人が見受けられ、ろばまらーは「仲直りしたのね…よかった」と安堵したとかしていないとか。

上田:今日朝起きたら肩が痛くて、ここんとこずっと肩こり中。仕事に行ったら中丸に「なんだよ、その顔。俺、がっかりだよ。」と言われて「いやぁぁぁぁぁ、見ないでぇぇぇぇぇ」と顔を隠した。たっちゃん、俺、大丈夫か? pic.twitter.com/lyHynLe2kO

あなたの前ではきれいな私でいたいの。

昭和が舞台のドラマに出演することになった中丸がラジオで報告。
七三分けにするとの情報を得た上田が、その姿を想像し笑いだす。
さらに自ら中丸のイメージ画を描き、泣くほど爆笑する上田に対し「はぁ?一生見てろよお前。待ち受けにしろ」という中丸。
それはそれで意味が分からない。

そして最終的に「なんか嫌なことがあったら俺にすぐ相談しろよ。やってやっから、七三」と男前すぎる台詞を残す中丸。
上田の為ならピエロになったっていいという決意表明か。

中丸「人間関係ぐいぐいいけるお前が羨ましい。人なつっこいというか自由っつーか」
上田「そのかわりトラブルも多いけどね、エヘ」
中丸「エヘ じゃねーよ。お前、短気だから、友達同士なのにケンカになって、俺が止めに入ったら、上田の知り合いにゴン!って頭突きされたわけですけどね。上田にしろよ!と」
上田「ギャハハ」

アイドル誌の対談より。不憫!

仕事仲間ながら、普通の友達として付き合える関係性が良いと話す2人。
付き合いが長いから、お互い気を使わずに済むそう(大体、ジュニア時代からシンメとか付き合いが長い人たちはこういうことを言う。たとえばにのあいとか)。
ごはんに行ってもほとんど話さないほどらしい(それでもごはんには行く)。

ラジオで、不老不死の話。上田が「一人で生き残るのは寂しいから家族とか友達とか10人くらい一緒に不老不死にする」と言った時、中丸がすかさず「その10人に俺入ってる?」と質問。上田は「微妙なんだよな~」と言いつつも、中丸は「9、10人目」くらいで結局選抜されるらしい。

まず一人で生き残るのが寂しいという発想の可愛さ。そして自信があるのかとんでもないことを聞く中丸。なんだかんだ選抜するたっちゃん。

ラジオにて。
「電車の中で寝ている人が左右に揺れて頭が肩にぶつかるのが嫌」だというリスナー。
中丸「でも、俺も電車で寝ると横に倒れるタイプだからなんとも言えない」
上田「中丸くんはそうです。横になるタイプです。何度餌食になったことか。高校のときとか!」

仲良く通学ですか。

N:(シューイチの共演者の方々は)すんげーいい人!みんな U:んんとぉ? N:おお U:俺とどっちがいい人? N:…いや天秤にかけないで U:(笑)N:(笑)なんなのその質問(笑)(11年:R-One KAT-TUN)

上田「俺はねぇぞ!お前に対して愛なんか」中丸「あらっ!ほんとですか?それは残念だ。(エンディングコーナー)上田くんはいつも逆をつきますからね。」「どういうことですか?」「逆を言うじゃないですか。愛があるときにはないって言いますもんね。俺分かってますよ」「やべぇウケるそれ(笑)」

たっちゃんにツンツンな対応をされても、余裕でかわす中丸。

上田「お前いっつもそうじゃん。俺の言うのは何もしないけど、俺大体お前が何々やってみっていうの大体やってあげるじゃん。メタルギアにしてもさぁ、お前が一人でやってんの可哀相だからって俺が買って、今KAT-TUNみんなでやってるじゃないですか。でも何でお前はモンハンやらないの?(笑)」

一緒にモンハンやろうよ!

上田「コイツんちまで車で迎えに行って、"着いたよ"って電話したんだ。普通すぐ出てくるじゃん。"分かった、じゃあこれからシャワー浴びるわ"って1時間以上出てこないのコイツ!」中丸「それはもちろん謝罪するし、すごい大げさに言ってると思うし、5年前のことだし、もう話出さないでほしい!」

むしろよく1時間待ったね!

2013.12.2放送の「しゃべくり007」にて。

中丸への不満を問われて「一緒にご飯に行っても面白くない」と発言するたっちゃん。
中丸は遠い目。
要は、食事に行く前に2人で本屋に行って漫画を買ってそれを食事中にずっと読んでいるので会話がなくてつまらないということらしい。
それに対して「中学生くらいからの仲なんで。仲が良すぎてそういう時間が発生しますよね」と、文句を言われたにもかかわらずの仲良しアピールをする中丸。
周りからは「マンネリ」と言われる。

さらに「触れ合いたいんだよね?」と聞かれ戸惑いつつも「そうっすね」と答えるたっちゃん。

さらにしゃべくり。

「食べるのが異様に早い」たっちゃんに食事中先に全て食べられてしまうという中丸の不満。
そこでたっちゃんが食べている手を物理的に止めてしまうのが一番いいんじゃないかと言われ実践してみるロバ丸。

食べ続けるたっちゃんの手をぎゅっと握り動きを止めさせ、横から食事をかっさらう中丸。
戸惑いつつも中丸に目を向けるたっちゃん。
見つめあうロバ丸。

というロバ丸好きにおいしいシーンが放送された。
ちなみにこの実演に関してたっちゃんは「これくらいされないと止まらない」と満更でもないご様子。

上田竜也ソロコンサートをするにあたり、バンドメンバーオーディションを開催。何故かそのオーディション会場に審査員として登場する中丸。後ろの方で威圧感を出しながらバンドメンバーの選定をしていたそう。

繰り返しますが、これは「上田竜也ソロ」コンサートです。

1 2