1. まとめトップ

気分が乗らない!「ヤル気が出ない時」のリセット術とは?

頭では分かっていても行動が付いて行かない!そんな日や場面で心のリセットをして乗り越える方法を詳しくまとめてみました。

更新日: 2014年10月17日

23 お気に入り 96776 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

雑務をする

気が乗らない時は「頭を使いたくない」と思う時が多いもの。それなら頭を使わなくてすむ、雑務からはじめましょう。「雑務は最後」というイメージがありますが、気が乗らない時の方が仕事効率的にも良いですし、先に片付けちゃえばその分早く帰れるので一石二鳥です。

環境を変える

もしあなたがいつも同じ場所(同じ机や書斎)で仕事や勉強をしているとしたら、その場所をいつもとは違う場所(リビングでソファーに寝転がって仕事や勉強をしてみたり、カフェなどでやってみる)でやってみて下さい。

いつもと違う場所で何かをすると、あなたの気分が本当に変わります。かなり効果的です。

嫌な仕事は最初に手をつける

早く片づける人の心の中には、「嫌な仕事が残っているとそちらが心配で、ほかの仕事もうまくいかないことが多い」、「早く片づけると気分も軽くなるし、すっきりする」という気持ちがあるよう。これなら、どんな仕事も早く終わりますね!

情報収集

これを機に仕事に関する情報収集をするのも、一つの手。仕事が忙しいとつい流し読みになり、ゆっくり情報と向き合う時間もないですよね。資料にじっくり目を通したり、気になる情報について時間を割いて調べてみましょう。

情報を入れるだけなら頭の負担になりませんし、思わぬ発見がある場合も多々あります。仕事の一部でもあるので、気が乗らなくても「仕事をしている感」は味わえます。

目標を下げる

片付けなくてはいけない仕事がたくさんあるならその中から一つだけ、一番簡単そうなものをまずは片付けてみましょう。これくらいならできそうと自分が思えるところまで最初のハードルを下げてやりましょう。やり始めたら意外とスムーズに動くこともあります。とにかく手をつけなくては始まりません。

軽い運動をする

運動と言っても、ちょっとした筋トレ程度ですが、腕立てや腹筋、スクワットなど、体が重く感じるくらいすると、不思議と雑念が晴れて、「よし、もうちょっと頑張ろう。」という気になりました。

無心になる

なんとなく気分が乗らなかったり、心がざわついたりしているときは
無心になるような環境をつくるのがオススメです。

草をむしっている間は無心になれるので、結構好きです。なので、心がざわついているときは、よく畑に行って草むしりをしています。また、歩いたり、軽くジョギングしたりするのも無心になれることの1つですよね。

恐怖心を持とう

恐怖心はモチベーションを上げることができる、効果が高いもののひとつです。ストレスがかかる事態に対する交感神経の反応である「闘争か逃避か」という反応はその元になる恐怖心次第といえるのです。

そこで恐怖心をあなたの味方にするのです。例えば、もし失業してしまったら賃貸料はどうしよう、先日ローンで買った車の支払いはどうしよう、とか、色々な危険性を純粋に想像し、心配してみるのです。すると、以前は障害物として集中力を邪魔していたものが自然と消え去っていきます。

デスク周りやPC内を片付ける

「テスト前になるとむしょうに片付けがしたくなる」という経験をしたことがある人も多いのでは?気持ちが追い立てられている時に片づけをすると、何故か気持ちが落ち着きますよね。

片付けをすると脳の興奮状態が沈静化し、またキレイになることでやる気も出ます。

時間を決めて好きなことをする

きっちり時間を区切ってあなたが何か好きなことをやるということです。この場合『きっちり時間を区切る』ということが最大のポイントです。

。『このDVDを見終わったらまた仕事する!』と決めておけば、ダラダラテレビを見続けるなんてことはありません。これも本当に効果的です。

1 2