1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

美しい砂の大聖堂に差し込む光の柱があまりにも幻想的で別世界

アメリカにあるアンテロープキャニオンは水と風がつくった天然の大聖堂のような渓谷。曲線美が印象的で、飴細工のように繊細な模様を描いていて何とも幻想的。この光景だけでも素晴らしいのですが、特にすごいのが、限られた時期と時間だけに見ることができる光の柱!とにかく幻想的でうっとりしてしまいます。

更新日: 2016年11月03日

947 お気に入り 62594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

砂の大聖堂は自然がつくりあげた奇跡の絶景!

アンテロープキャニオン内はネイティブアメリカンのナバホの人たちの管轄のため、ツアーに参加しなければ入ることができません。
アッパーキャニオンとローワーキャニオンに分かれ、観光的には光の柱を見ることができるアッパーキャニオンの方が圧倒的に人気があります。

一時的に(地質史的に)隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たものである。

中に入ると幻想的な別世界が広がります!

その空間はとてもきれいでまるで異次元の世界に迷い込んだような感覚でした。

アンテロープ渓谷に降り注ぐ太陽の光線が差し込まれた時、真っ赤な岩質が鮮やかなピンク色、むらさき色、青色に輝く。息を呑むほどに美しい。見る場所、時間、太陽の差込具合などにより岩の色はどんどん変化する

砂岩の成分であるクォーツ・クリスタルが反射し、流線型の岩壁が様々な色に輝き出すのです。それを写真に撮ると、肉眼で見たのとは違う色に映っていて何ともミステリアス。

まさに神秘的!といっていい景観です。一生に一度は、行ってみる価値のあるところだと思います。

光がおりなす光景は、この世のものとは思えません。
自然に涙が出るくらいです。
人生をリセットしたい方は是非行って見てください。

ここを訪れる人たちの一番の目的はこの光のスポットライト!

キャニオン頂上(約36m)の開口部から直接放射する日光の光線が狭い渓谷内に差し込み、幻想的な景色となります。

晴れている日のお昼頃だけ、キャニオンの隙間から太陽光が奥まで差し込みます。限られた天候と時間しか見れない光景なので、希少価値があり、本当に感動します!!

光のビームがキャニオンの底まで届くのは、4月から10月までの時期。
この光景を見たいなら、お昼の12~14時の間に渓谷内に滞在できるツアーに申し込まないといけません。

地上から差し込む光が筋となってキラキラ輝き、一面の壁はピンク色です。「すごい!」しか言えませんでした。

他にも人気の見どころスポットが

一番見て欲しいのは、写真のハート形です。なかなか撮影出来ないと思います。

マジックだ、といって見せてくれたのがこの砂のカーテン。
足元の砂をすくって上に向かって投げると、ゆっくりゆっくり落ちてくる砂。
シルクのカーテンみたいですっごくキレイ!!

1