1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【日本酒】漢字の問題じゃない! 「読めない日本酒ラベル」まとめ

潔すぎる、もしくはおしゃれにしすぎて読めない日本酒のラベルを集めました。読めないラベルは無性に気になって飲みたくなりますよね!(でも、頼む時に読めないから「あの~あそこの~」ってなりますけど)

更新日: 2014年02月08日

411 お気に入り 165374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

管理用の記録をそのまま使っちゃいました(読めないはずだ)

三重県 中井酒造
"三重錦" 経過簿ラベル 中取り 純米大吟醸

まさかの経過簿をラベルに活用
斬新すぎる!
杜氏の方はプロボクサーでもあるようです

経過簿とはお酒のタンクごと日々の温度や日本酒度を記載していくものです。ようはお酒の母子手帳ようなものです。これをプロが見ればどうやって造っているか一目瞭然

高知 亀泉酒造
純米吟醸原酒  "CEL-24"
http://www.kameizumi.co.jp/

作ったお酒がおいしかったので急いで販売した経緯でこのラベルに
ラベルも管理用にはっていたもののまま、名前も酵母名をそのまま利用して「CEL-24」と名付けたらしい
(byデパートに販売に来ていた亀泉酒造の担当者様)

香川 丸尾本店
純米吟醸 "悦凱陣(よろこびがいじん)"
http://www.osakeosake.com/2.gaizin/3.gaizin.html

四国はいっぱい情報をつめこみたくなる傾向にあるの?
名前が勇ましくてかっこいいですね

象形文字の領域

長野 諏訪酒造
純米吟醸 "満天星"

http://suwaizumi.jp/
実は、右隅に商品名である「満天星」の文字があるのに、絵に目が行きすぎて見落としてしまいそうになるラベル

広島県 亀齢酒造
特別本醸造 "亀齢萬年"

http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/higashihiroshima/spot/0652.html
右上の葉っぱのような部分が、亀の頭にあたるみたいですね

長野 桝一市村酒造 
純米酒 "スクウェア・ワン"

http://suwaizumi.jp/
渋い字体で「スクウェア・ワン」とか書かれているものの、馴染みのない横文字銘柄に頼む時に戸惑いを隠せない

出典pub.ne.jp

兵庫 剣菱酒造
"剣菱"

http://www.nadagogo.ne.jp/kura/kenbisi.html
商標の由来は諸説あるようですが、デザインを見ても剣と鍔なのかなと思っています

永正2年以前(約五百年前)創業者稲寺屋伝によるとその酒標は、天地陰陽夫婦和合の象にて生々たるその瑞気を感じ精気の回天を為すと言う。又後の醸主坂上桐蔭の時、井戸より不動明王の尊体顕れ瑞喜し、降魔の剣身と鍔形を酒標とす。

秋田 秋田清酒
"やまとしずく"
http://www.igeta.jp/index02.html

こちらも商品名は右上にきさいされていますが、
絵と文字の組み合わせ

秋田 新政酒造
純米吟醸 "桃やまユ"
http://www.aramasa.jp/top.html

6号酵母の新政酒造の注目シリーズ「やまユ」
桃の他に、ラベルの色が緑・青の「緑やまユ」「青やまユ」等もあります。

新政酒造の代々の当主は初代の「佐藤 卯兵衛」を名乗ります。特に5代目「佐藤卯兵衛」が高名な技術者であり、現存する最古の清酒酵母「協会6号」を生み出した功績があります。その当時から屋号して使用されていたのが、「やまウ」なんです。

「やまユ」は、2008年に蔵へ戻ってきた8代目現社長 佐藤裕輔氏が自らの技術向上&試験醸造仕込みのお酒のみに使用し、酒米は単一としています。

自らの名前である「ユウスケ」の「ユ」の字を屋号と組み合わせてもじったのです。

長くなる為部分的に引用を飛ばしています。是非リンクに飛んで詳細ご覧ください!

山口 中島屋酒造場
生酛純米 "カネナカ"
http://y-shuzo.com/hp/nakajimaya.html
*はてなブックマークに登録頂いた方のコメントより

どうやら、中に屋根がかかっているような記号?は
カネと読ませるらしい。由来が見つからなかったのですが、「かね」には印の口語的表現があるようで、
中島酒造場の”中島しるし”ということだったのでしょうか・・・
応え見つけ次第追記します

ラベルのまま読んでいいんだろうか

福岡 井上合名会社
三井の寿 "チカーラ" 夏純活性にごり
http://www.fukuoka-sake.org/map/detail.php?ID=14

流石に、「せみ」とは読まないみたいです。
Estateが夏、cialaがセミでイタリアラベルと呼ばれているそう
ただのCicalaもあるようです

他にもテントウ虫や四つ葉のクローバーなど可愛いらべるを取り扱っているようです

栃木 第一酒造
"開華立春朝搾り" 純米吟醸生原酒
http://www.sakekaika.co.jp/

複数の蔵から立春の日に発売される「立春朝搾り」はワインで言うボジョレーヌーヴォーのようなもの
ラベルも皆揃って同じものを使用しているようです

2月4日(月)は立春の日。
春の始まりを寿ぐめでたきこの日、
朝に搾り上がったばかりのお酒を
その日のうちにお手元にお届けするのが〈立春朝搾り〉。

秋田 新政酒造
"ナンバーシックス"
http://www.aramasa.jp/top.html
http://www.masushin.co.jp/aramasa_.htm

六号酵母の蔵なので「六号」と読むのかと思いきや、ここはかっこよく英語で言うようです

関連まとめ

1





このまとめへのコメント1

  • kuroyagi00さん|2013.10.02

    マル+文字、ヤマ+文字、カネ+文字は日本によくある屋号です。のれんなどに図形+文字の形で表示されます。カネ(矩)はもともと垂直や直角をあらわす言葉。カネジャク(曲尺・矩尺)の図形で描かれます。カネは金につながるので商家の屋号に多いようです。

1