今までずっととりあえずの人生を生きてきたような気がする。親の世話になっていた学生時代は、経済的にも社会的にも出来ないことが多すぎて自立して自分のやりたいようにやれるまでのとりあえずの人生だった。学生時代にギャンブルにはまってしまい、ギャンブル店と自宅を往復するだけの人生だった。就職が決まらないまま大学を卒業し、1年ほどのフリーター期間を経てとりあえず現在の仕事に就いたが、現在の収入じゃ部屋を借りて車を持ってなんかできない。まともな仕事に就けるまでのとりあずの現在。いつまでとりあえずが続くのだろう。もしかしたらとりあえずと思っている人生こそが、僕の本当の人生だと受け入れなきゃなんないのかな?そうだとしたら何一つ僕の思うように事は運んでいない。こんなはずじゃなかったんだけど。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【借金】ギャンブル依存症患者の声 これを読めばやめれる!【自殺】

ギャンブル依存者の声、克服した人の声、周りの人の声、体験談を集めました。これを読めば身にしみて危機感を感じて頂けるはずです!ぜひ反面教師にして下さい

このまとめを見る