1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mattintosh4さん

*********************************************
当ページに記載されている内容は環境や仕様変更によって正しく動作しない可能性があります。作業は全て自己責任で行ってください。
*********************************************

Winetricks のインストール【セルフインストールの場合】

https://winetricks.googlecode.com/svn/trunk/src/winetricks からダウンロードして使うこともできますが SVN でリポジトリを複製しておくとアップデートが簡単です。インストールは `make' コマンドで Makefile の変数を上書きすれば実行ファイルとマニュアルを自動でインストールしてくれます。


SVN によるリポジトリの複製・インストール・アップデート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リポジトリの複製:
  svn co http://winetricks.googlecode.com/svn/trunk winetricks

インストール:
  cd wintricks
  make install PREFIX=/usr/local

リポジトリのアップデート:
  svn up


GIT リポジトリに変換する場合(※変換に時間がかかります)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リポジトリの複製:
  git svn clone -s http://winetricks.googlecode.com/svn/trunk winetricks

リポジトリのアップデート:
  git svn rebase


MacPorts の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
依存関係に《wine》ポートが含まれています。MacPorts で Winetricks をインストールした場合は《zenity》により GUI が使用可能です。

コマンド例:
  sudo port -v install winetricks


Homebrew の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コマンド例:
  brew install winetricks

Cabextract のインストール

Cabextract は CAB 形式で圧縮された .CAB や .EXE 等のファイルを解凍するプログラムです。Winetricks でネイティブライブラリをインストールする際に使用します。

MacPorts の場合は《winetricks》ポートの依存関係に含まれているため個別にインストールする必要はありません。

Cabextract のインストール 【ソースビルドの場合】

http://cabextract.org.uk からソースをダウンロードします。現在の最新版は cabextract-1.4.tar.gz です。

ビルド例:
  tar xf cabextract-1.4.tar.gz
  cd cabextract-1.4
  ./configure --prefix=/usr/local
  make install

備考:インストール先は configure 時に `--prefix=/path/to/dir' で変更します。デフォルトは `/usr/local' です。

インストールされるコンテンツ:
  /usr/local/bin/cabextract
  /usr/local/share/man/man1/cabextract.1

Winetricks の実行方法【CLI】

Winetricks のヘルプを表示します。

カテゴリを表示します。カテゴリは以下の6つです。例えば DirectX 9 等は《dlls》カテゴリにあります。

✓ apps
✓ benchmarks
✓ dlls
✓ fonts
✓ games
✓ settings

備考:`winetricks list all' とした場合はカテゴリ別で全ての項目が表示されます。

カテゴリの内容を表示します。左辺が名前で右辺が説明です。インストールには左辺の名前を使用します。

Wine 環境に DirectX 9 をインストールします。ローカルにインストーラーが存在しない場合はインストーラーのダウンロードから開始されます。

主なオプション

--force:
インストール済みかどうかのチェックを行いません。

--no-clean:
一時ディレクトリを削除しません。(デバッグ向け)

--no-isolate:
アプリケションは「~/.local/share/wineprefixies」以下のディレクトリにインストールされますが、このオプションを使用することで既存の WINEPREFIX にインストールします。

Winetricks の実行方法【GUI】

Zenity がインストールされている場合にグラフィカルユーザーインターフェイスを表示します。《PATH》上に `zenity' がある場合は引数無しで実行した場合と同じです。

既存の WINEPREFIX に対して何かを行う場合は「Select the default wineprefix」を選択します。

Install a Windows DLL or component:
ネイティブライブラリ等をインストールします。

Install a font:
フォントをインストールします。

Change settings:
Wine 環境の設定を変更します。

Run winecfg|regedit|taskmgr|a commandline shell:
各種 Wine プログラムを実行します。

Browse file:
xdg-open が必要なため動作しない可能性があります。

Delete ALL DATA AND APPLICATIONS INSIDE THIS WINEPREFIX:
現在の WINEPREFIX のデータを全て削除します。

Winetricks でインストールしたデータの削除

Winetricks から削除できないので手動で削除する必要があります。


ライブラリやコンポーネントの場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Wine の「プログラムの追加と削除」から削除できることがあります。`wine uninstaller' で確認してください。

d3dx9 のように「C:¥windows¥system32」に直接コピーされるようなものは個別にファイルとオーバーライド設定を削除するか「内蔵のみ」に変更する。オーバーライドの対象にないものは恐らくファイルを個別に削除するしかないでしょう。内蔵ライブラリについては fakedlls フォルダで確認できます。

擬似ライブラリの確認例(MacPorts 版 Wine の場合):
  ls /opt/local/lib/wine/fakedlls



アプリケーション、ベンチマーク、ゲームの場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
フォルダを削除します。Finder から隠しフォルダにアクセスする場合は「移動コマンド(⌘ + Shift + G)」を使用します。以下の方法でも削除が可能です。

ターミナルから隠しフォルダを開いて削除する場合:
  open ~/.local/share/wineprefixies

`rm' コマンドで削除する場合:
  rm -rf ~/.local/share/wineprefixies/name

環境変数

WINEPREFIX
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
WINEPREFIX の場所を指定する場合に使用します(デフォルトは「$HOME/.wine」)。インストールのテストなどに。

例)WINEPREFIX=$TMPDIR/wine winetricks d3dx9


WINE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
環境変数《PATH》以外の場所にある `wine' コマンドを指定します。

例)WINE=/opt/local/bin/wine winetricks d3dx9


XDG_CACHE_HOME
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
キャッシュディレクトリの場所を指定します。デフォルトは「$HOME/.cache」ですが、OS X の場合は「$HOME/Library/Caches」の可能性もあります(ソースの更新時期によって違うかもしれません)。

例)XDG_CACHE_HOME=$TMPDIR winetricks d3dx9

Winetricks のアンインストール

※削除は自己責任で行ってください

セルフインストールの場合(インストール先が「/usr/local」の場合):
  rm -f /usr/local/bin/winetricks
  rm -f /usr/local/share/man/man1/winetricks.1

MacPorts の場合:
  sudo port uninstall winetricks

Homebrew の場合:
  brew uninstall winetricks

キャッシュフォルダの削除:
  rm -rf $HOME/.cache/winetricks
  rm -rf $HOME/Library/Caches/winetricks

アプリケーションプレフィックスの削除:
  rm -rf $HOME/.local/share/wineprefixies

1