ぼく、おじいちゃん、おばあちゃんの中で会ったことあるのは加計呂麻(かけろま)島のおばあちゃんだけなんです。おとんのお母さんっすね。95歳です、いま。元気です。

加計呂麻島は鹿児島県の奄美大島からまだ離れた島です。人口はむっちゃ少ない。僕は4、5回しか島に行ったことないし、おばあちゃんもこっちあんま来ない。会ったのは10回くらいかもしんないっすね。

記憶力がすごくて、優しくて、しっかりしていて、おちゃめなおばあちゃんです。会うと、俺はずーっとほっぺたさわっています。ちょっとたれているかな、しわしわだけど張りがいい。

去年の秋、おばあちゃんが一人で関西に出てきました。親戚のお姉ちゃんの子どもに会いに来たって。出てこようという気持ちがすごいですよね。ぼくも仕事で関西にいたので会いました。「ぼけへんようにするわ~、がんばってするわ~」「章ちゃんの子見なあかんからな、それまで死ねんからな」って言ってました。おばあちゃんってそのおばあちゃんしかおらへんから、やっぱりいとおしいです。たまに「長生きしいやー」と手紙書きます。書くのはほんまそれだけ。ばあちゃんは一人しかおらへんから、俺のために長生きしてって。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【関ジャニ∞】2010年朝日新聞連載 なに話そっか【安田章大篇】

七人七色の後身「なに話そっか」。安田章大くんのまとめ。

このまとめを見る