1. まとめトップ

インプラント治療の知識。失敗しないように値段・価格などもチェック。

美容のために、インプラントを入れる人は多いでしょう。見た目の印象がかなり良くなりますよ。しかし、メンテナンスが必要なので注意が必要です。インプラントについての基礎知識。

更新日: 2013年10月02日

skyfisherさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 61145 view
お気に入り追加

インプラントの基礎知識

人口歯を埋め込む

インプラントとは、歯の抜けた後に人口の歯を埋め込む事を言います。

差し歯との違い

差し歯は、根本の部分が自分の歯ですが、インプラントは顎の骨じたいに土台を埋め込みます。

自由診療

差し歯とのもう一つの違いは、差し歯が保険適用できるのに対して、
インプラント治療は自由診療になる点です。

骨折などの治療も言う

広い意味で言うインプラインとという単語は、体に何かを埋め込むことをいうので、
骨折箇所にボルトを埋め込むことなどもインプラントと呼ばれます。

インプラントの構造

フィクスチャー

いわゆる土台の部分で、骨に埋め込む金属製のボルト状のものです。
アレルギーを起こしにくいチタン合金が主に使われます。

アバットメント

フィクスチャーとその上に乗せる歯を固定する部分です。

人口歯

アバットメントを介して土台に人口歯を固定します。
様々な素材が使われ、外観や強度に違いがあります。

インプラントのメリット

周囲に影響がない

周りの健康な歯を削ったりせずに歯を固定できるのところが
他の方法と比べて大きなメリットと言えます。

違和感が少ない

物を噛む能力も比較的高く、感覚的にはほとんど自分の歯と変わらないと言われます。

見た目が良い

人口歯の材質によっては天然の歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりが得られます。

インプラントのリスクとコスト

骨との接合

インプラントと骨との接合には半年から1年かかることもあり、
うまく定着しない可能性もあります。

合併症のリスク

歯茎への外科手術となるので、合併症のリスクがあることも考慮しないといけません。

費用

自由診療なので、総額で30万円から40万円ていどの負担がかかるのが一般的です。

メンテナンスが必要

インプラントは、正常に維持するために定期的なメンテナンスが欠かせません。
これを行えない人にはインプラントは不向きと言えます。

インプラントのメンテナンス

最初の一年

骨との接合部分に変化があることもあり、初期の1年間は3~4ヶ月ごとに経過を観察します。

毎年1回

噛み合わせが悪くなっていないかや、人工歯が緩んでいないかを
定期的にチェックする必要があります。

日々のメンテナンス

自分の歯と同様に、歯磨きをして清潔を維持します。
特にインプラント特有の接合部には汚れが溜まりやすいので、特に注意が必要になります。

1





skyfisherさん



  • 話題の動画をまとめよう