1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

romonさん

人気アナウンサー

生年月日:1963年7月4日

出身地:東京都

旧姓:鈴木

立教大学社会学部卒業後、1987年に日本テレビに入社。

明るく元気なキャラクターが受け、アイドルアナの草分け的存在として、バラエティー番組から情報番組まで幅広く活躍。

「所さんの目がテン!」「レッツ!」「ザ・情報ツウ」などに出演

「気配りと優しさの人だった」「面倒見がよくて、番組収録のときは、“潤滑油”みたいな人でした」(関係者)

2003年8月に広告代理店に勤務する10歳年下の男性と再婚。

夫の姓である「大杉」を名乗った

結婚から4年目に男児を出産。晩婚化が進む中、女性にも明るい話題として報じられた。

不妊治療の末、待望の赤ちゃんを授かった

突然の訃報

育児休業中の2007年2月2日、東京都の自宅マンションから転落死。

43歳の若さで亡くなった

出産後から、原因不明の線維筋痛症を患っていた。

自殺の原因とされる「線維筋痛症」

線維筋痛症とは全身の広い範囲にわたって痛みを感じる病気である。

激しい疲労や倦怠感、頭痛、落ち込んだ(抑うつ)気分、不安感や不眠など多彩な自覚症状を伴う。

君枝アナの場合は、症状も重く受話器を持つ手に痛みが走るなど、日常生活にも支障をきたしていた。

治療法が確立されていない

線維筋痛症の脳内では、刺激に対して過剰に反応する「知覚過敏」が起きていると考えられます。

薬物治療を中心に進めるものの、薬物治療だけでは限界があるため、その他の治療、特に認知行動療法や運動療法を組み合わせるべきと唱えられている。

周囲から孤立しやすい病気

一見健康に見えるため周囲に理解されにくい。

線維筋痛症に対する認知度が低いため患者は耐えがたい痛みのみならず周囲の無理解、誤解で精神的苦痛も強い状況にある。

医療者から痛みの原因を正しく理解されない間は患者は傷みを抱えながら孤立無援になってしまうケースがある。

ストレスで鬱病、パニック障害など精神疾患を併発してしまうこともある。

1 2