1. まとめトップ

財政破綻した夕張市の現状が、かなり深刻だった

かつては炭鉱によって繁栄の一途を辿った夕張。しかし、財政破綻後、市は衰退をくい止める術もなく人口がついに1万人を切りました。

更新日: 2013年10月03日

18 お気に入り 178941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

1943年の市制施行以来、初めて1万人を割り込んだと発表

9月末の住民基本台帳人口が9968人

鈴木直道市長は「深刻な問題と認識している。若い人が住めるような住環境を整えたい」と話した。

市の人口はピークだった1960年4月末の11万6908人から半世紀で9割減少

基幹の石炭産業の衰退などにより、毎年2千人強が減り続けた計算となる。

再建のために市民税や水道料金などが上がり、住民負担が増加して市外への転出に歯止めがかからない

■財政破綻の経緯

巨額の債務を抱えながら、不適切な会計処理で隠蔽していたことが発覚

夕張市民のみならず日本中が驚愕した。夕張は「炭鉱のまち」から「観光や映画のまち」への転換に成功し、成果を上げていると思われていたからだ。

産炭地として栄えた夕張市は炭鉱が相次いで閉山した後、巨額の負債が表面化して破綻

2007年3月、民間の倒産企業に当たる財政再建団体となった

10年3月には全国で初めて財政再生団体に移行。

約322億円の赤字を2026年度末で解消する目標を設定している

現在、国の管理のもとで財政の建て直しを進めています。

■なぜ?破綻した理由

人口に見合った職員数及び人件費の仰制が不十分であった

昭和35年、人口ピーク時の最盛期に必要とされた職員数が615名。
その後の閉山による人口の激減で、職員数が大幅に余剰した状態に。

観光・リゾート開発とその関連の財政負担

市は、閉山後の主軸産業として観光を選んだ。
ところが、リゾートブームは去り、進出した松下興産株式会社は早々に夕張から撤退した。市は、市民の就労の場を維持するためにスキー場やホテルを買い受け、そのために借金を増やした。

■破綻後の夕張市

成人式の予算も1万円だけになった

そこで、若者たちが手作りの成人式をしようと支援を求めた結果、全国から238万円の寄付が集まり、成人式は大成功となった。

財政再建計画では市役所職員の給与は月収で30%減、年収にして40%カットされている

財政破綻した日本・夕張市に30歳の市長が誕生

夕張市長に当選した鈴木直道氏は今年30歳の元東京都都庁職員。
閉塞感が漂っている市政を、若い人にがんばってほしいという思いが集約されたんだと思います。

■破綻の影響が色濃く残る、夕張の街並み

1926(大正15)年に完成した北炭の自家発電所。

自家発電所としてはわが国有数と言われ、送電網は幌内・歌志内・赤平茂尻まで達した。

現在、解体が進んでいる。

1