1. まとめトップ

殺人まで犯した…紅白歌手「克美しげる」栄光からの転落人生

NHK紅白歌合戦に2回出場した歌手でありながら、なぜ殺人を犯したのか。

更新日: 2018年11月17日

14 お気に入り 815252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

romonさん

スターへの道のり

本名:津村誠也

生誕:1937年12月25日

出身地:宮崎県宮崎市

ロカビリー歌手としての下積み生活を経て、テレビアニメ『エイトマン』の主題歌でブレイク。

歌謡曲路線に転じた『さすらい』が60万枚のヒットとなった。

2度、NHK紅白歌合戦にも出場したが、その後はヒットが出ず低迷が続いていた。

転落

克美は「妻とは離婚した」と嘘をついて交際していた銀座の人気ホステスから毎月30万円(現在の100万円)を貰い、借金1000万円を返済する。

これに味をしめた克美は、賭けマージャン等のギャンブルで再び借金をつくり、愛人に貢がせた金でその借金を返済し、その後もやりたい放題の生活を続けた。

殺害

そんな中、レコード会社が克美の復活をバックアップするという計画が浮上する。

手始めに北海道への営業が決まり、愛人も同行する算段だったが、再起を期す克美には、邪魔者以外の何者でもなかった。

克美は、北海道へはひとりで行く、と告げた。すると愛人は、奥さんのところに行ってカタをつける、と叫んだ。

遺体を車のトランクに入れたまま羽田空港からキャンペーン先の北海道に飛んだが、遺体が見つかり逮捕。懲役10年の判決を受けて、楽曲は店頭から回収された。

繰り返される過ち

嘆願運動もあり7年で仮出所し、音楽事務所を開く。

後に再婚。カラオケ教室も開催した。

1989年、覚せい剤取締法違反(不法所持)で逮捕され、懲役8ヵ月の実刑判決を受けた。

晩年

1 2