まず出勤をして初めにすることは簡単な掃除、買出しと営業準備です。

テーブルのセッティングをしたり上の役職や担当のキャストを持った人は出勤確認の電話をしたりします。
それが終わって食事(キッチンチーフが作ったり、弁当を買ったりします)(2~30分くらい)とか営業前のミーティングをします。(店によっては順番がちがいますし、食事時間が無く出勤前に各自で済ます所もあります)

時間になれば営業開始です。
営業中スタッフの仕事はウェイター、付回し(席にキャストを付けたり移動したりします)、外での客引きが主です。
ウェイターは来た客をテーブルに案内して、指名、飲み物を聞き、セット(アイスと飲み物)を出し、付回しに指名の有無、誰かを伝えます。
キャストがいる間はキャストが接客しますのでウェイターは灰皿、水(ミネ)、アイスの交換(交換して。と言われる前にするのが普通)、キャストのドリンクやオーダーをだしたりしながら客を見てます。
中にはおさわりする客もいるのでボーとしてはいられません。
セット時間終了が近づくと延長交渉をします。
帰るテーブルには会計もします。
客が帰ったらテーブルの掃除とセッティング。これを営業終了までします。
この間休憩時間が無い店も多く、各自で裏(客から見えない場所)でタバコを吸ったり飲み物を飲んだりしますが、その間耳だけはホールに注意を向けて呼ばれたりしたらすぐ出れるようにします。 つまりは座ってゆっくり一服は出来ません。
上の役職の人はキャストの送り車の手配もします。
営業が終了して客がすべて帰ったら掃除をします。
翌日軽くでいいようにしっかりやります。
上の役職は売り上げ計算したりキャストのポイントをつけたりします。
その後終礼をして終わりですが、 スタッフの送りがある店や、終わった時間に始発電車が走っていれば帰れるのですが、そうではないと始発待ちとなります。
(私が前やってた店で全ての仕事が終わるのが2時過ぎで始発が5時、つまり3時間近く待たないと帰れないのもありました)

こんな感じで週6で仕事をします。
参考になれば幸いです。

引用:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n27150

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「キャバクラ・クラブ」のホールスタッフ <まとめ>

キャバクラのホールスタッフを始めようという人に

このまとめを見る