1. まとめトップ

怖い!身近なエアコン室外機の爆発事故。原因は?

意外と知られていないエアコンの室外機爆発事故。時々、起っているそうです。

更新日: 2013年10月03日

1 お気に入り 29717 view
お気に入り追加

事故は2013年10月01日 引っ越し時の取り外し中に

(2013年10月)1日午後6時ごろ、
大阪府東大阪市内のマンションで、
「爆発があった」と近所の人が消防に通報しました。

2013年10月2日のニュース

大阪府東大阪市下六万寺町3丁目のマンション2階のベランダで、
エアコンの室外機が爆発した。

2013年10月1日のニュース

2階の一室で20代と30代の作業員男性2人が
住民の引っ越しに伴ってエアコンを取り外す作業中に、
ベランダにあった室外機が爆発したということです。

2人は割れた窓ガラスで足などを切って軽傷
2013年10月2日のニュース

事故原因は現在調査中

実は近年、室外機爆発事故が続いていた!その原因は?

(近年の室外機爆発事故)
平成24年9月
戸建新築工事後、
ハウスメーカーがエアコン室外機を設置時に爆発、機器破損。
平成23年9月
引越しのため、エアコンを業者が取外していたら室外機が破裂。
平成23年8月
エアコンの修理作業中、室外機が破裂し、家人と作業者が軽傷。
平成22年7月
エアコン室外機を取り外していたところ、
室外機が破裂し、左足に軽傷。

エアコンや冷蔵庫などの省エネ家電には、
コンプレッサーと呼ばれる圧縮機が搭載されている

空気が混入すると、冷凍サイクル内が異常な高圧になり破裂します。
あのエアコンの室外機でさえも粉々になるほど

エアコンの取外し時の冷媒回収作業の中で、
作業ミス等が原因で配管内に空気が入ると、
異常な温度上昇と圧縮により、
冷凍機油が発火点に達して瞬間的に爆発が起きる

【参考】室外機と言えば、盗難事件も増えている

全国でエアコンの“室外機”が盗まれ、困っている人が急増。
室外機の部品には「銅」や「アルミ」などが
多く使用されているため、転売しお金を得るのが目的

2013年8月27日の記事

近年、室外機の盗難事件が増えていますが…
取り外しは危険なようです。

ツイッターの反応は?

あれー…室外機爆発のニュースやってる……やっぱり普通のも爆発するんだな…あれ

1





ふみふむふむふみさん

ラッコは漢字で書くと海獺。海の獺(カワウソ)だよー。