1. まとめトップ

【ケータハムとスズキのコラボ】スーパーセブン(軽)まとめ 【165 128 160 130】軽自動車

あと何年まてばいいのかわからないけどドキドキするスーパーセブンに軽自動車エンジンをのせるという話。とうとう現実化しそうです。先行していたFCフレイザーとの違いなどわくわくします。画像でも見てみんなで妄想しましょう。

更新日: 2017年07月12日

18 お気に入り 255083 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

米国車の日本進出のための処方箋とも言えそうなクルマが、なんと素敵な日英合作車、ケータハム・セヴン・スプリント。和魂洋才の21世紀バージョンと言えるスプリントだ。というのも、英国車を象徴するかのボディながら、軽自動車のエンジンを搭載。そう、80馬力を叩き出すスズキの660ccターボエンジンなのだ。正統派は顔をしかめるかもしれないが、侮ってはいけない。

2010年に流れが変わった。ガーディナーが自分の妻が乗る1991年型スズキ・カプチーノを、同社のアンサル・アリ社長に強引に運転させたのだ。「あれが、突破の瞬間だった」とガーディナーは言う。660ccターボエンジンを初体験して戻ってきた社長が驚喜して叫んだ、「なんてキビキビ走るんだ!」と。

ついにケータハムの後押しを得たガーディナーは、すぐさまヤフー!オークションで中古のカプチーノのエンジンを購入し、エンジニアの武蔵野明彦と共にプロトタイプを制作。2012年に富士スピードウェイでの試験走行を経て、スズキとケータハム両者からお墨付きを得た。

そして、スズキ・ジムニーの660ccターボ付き3気筒エンジンと、同エヴリーの5速マニュアル・ギアボックス、後輪駆動系を使用して開発されたのがセブン160。これをベースに、セヴン・スプリントが誕生した。

レトロな雰囲気を放ちながらも3気筒ユニットの感覚は現代的だ。2500回転から感じる力強いターボブーストは意外だった。やはりこのクルマは軽い! また、高回転域でアクセルオフしたときにターボから聞こえてくる「ブルルルル」という音は、まるで仔犬がはしゃいでいるようで愛しくてたまらない。5速M/Tはクロスレシオだから、2、3速がカチっと入ると達成感を感じる。

セブン スプリントでとうとう自主規制突破の80PSか

エンジンはぐっと現代的で、「セブン 160」と同じくスズキから供給された658cc直列3気筒ターボを搭載。日本の軽自動車規制枠に縛られず最高出力80hpを発生する。

しかし 日本では販売なしのようすです

軽自動車の増税にあわせて 64PSの上限規制が撤廃とのうわさ

日本の軽自動車に適用されている64psの自主規制に合わせるわけですね。

「やはりスズキさんから供給していただくわけですし、他の日本の自動車メーカーさんたちとも足並みは揃えないと、ということですね」

ではもし、普通車でかつて行われていた280psの自主規制が撤廃されたように、軽自動車でもこれから、
例えばホンダのS660あたりがそれ以上の馬力で発売されたら、このセブンもヨーロッパ仕様と同じ80psになります?

「そうなったら80psでも100psでも(笑)。ECUで設定しているだけなので、簡単に上げられます」

購入したユーザーが個人的にチューンしようと思えば、そのくらいになるということですか?

「まあ、120ps...くらいは出せますよ。」

しかもこの記事ではECUの書き換えで最大120PSまでいけるということらしいです ちょっと期待

セブン可夢偉エディション 10台!! ← 軽じゃないですが

ケータハムは小林可夢偉が自らスタイリグに手を加えたロードカー"セブン"のスペシャル可夢偉エディションを発表した。

このクルマはケータハム・セブン250Rをベースとしているものの、可夢偉スペックは10台しか生産されない。そのすべてが日本にて600万円で販売される予定だ。エンジンは125馬力を生み出す1.6フォード・シグマエンジンで、5.9秒で時速100kmまで加速可能。

カラーは可夢偉の指定通りマットブラックのストライプが入ったブラックで、グリーンのラッカーが施されたカーボンファイバーのボディーワークと調和している。また、ノーズには可夢偉のナンバーであるNo.10が刻まれている。マシンはシングルシーターに仕立てられており、ケータハムはいつかこのマシンが"コレクターズアイテム"になると確信している。

可夢偉はこうコメントした。

「僕にとってケータハム・セブンはピュアなマシン。セブンをドライブするときは、マシンにドライブさせられているのではなく、自分がドライブしているのを感じます。僕のケータハムF1マシンにはすべてを制御する電子機器がありますが、セブンをドライブするとは真にマシンを理解することであり、ドライブの楽しみを心から理解することです。すでに素晴らしいドライブを提供しているセブンに、僕のスタイリングが特別な何かを加えられたことを願っています」

1 2 3 4 5 6