社会保障論が専門の学習院大学・鈴木亘教授が「現実的な条件」で試算したところ、厚生年金の積立金が33年、国民年金の積立金が37年に枯渇する

出典年金:2037年に積立金は枯渇、40代で1000万円の払い損に -「定年後の5大爆弾」の正体【2】(プレジデントオンライン) - エキサイトニュース(1/4)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の年金財源があと20年で枯渇!社会保障費の増大で日本破綻!

日本の年金は、あと20年以内に枯渇するとされています。高齢者が急激に増加する中で、税金で補填しきれずに財源を取り崩して支払いを行っているからです。年金財源が枯渇した場合には、年金の給付自体がほとんど行えなくなる可能性が指摘されています。

このまとめを見る