就業可能人口が減少していくなかで老齢者人口が増大していけば、勤労者の活動成果(所得)の18%程度(企業負担分を含む)で済んでいる負担が30%や40%になり、日本経済は活力を失ってしまうという

出典「年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 | 晴耕雨読

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の年金財源があと20年で枯渇!社会保障費の増大で日本破綻!

日本の年金は、あと20年以内に枯渇するとされています。高齢者が急激に増加する中で、税金で補填しきれずに財源を取り崩して支払いを行っているからです。年金財源が枯渇した場合には、年金の給付自体がほとんど行えなくなる可能性が指摘されています。

このまとめを見る