この「金利」が一番重要なってきます。
各金融機関によって、カードローンとキャッシングでは別々の金利が設定されていることがあります。

カードローンは、前述の通り、カードによって支払い方法は色々ですが、基本的には、リボ払いが前提です。
リボ払いの利息というのは、10%台。
これは、リボ払いによる長期返済により、金融機関が比較的高い利息収入を得ることができる仕組みとなっています。
一方、キャッシングは、基本的に翌月一括支払いなので、その一度限りの支払いにかかる金利が低いと、金融機関にしてみれば利益にならないので、金利は20%以上とやや高くなっているところが多くなっています。
消費者金融などの場合は、利息制限法の上限近くの金利ということも少なくありません。

結果、お金を高い金利でまとめて返すか、キャッシングよりは低めの金利で長期に渡って返し続けるか、ということになるのです。

前へ 次へ