1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shindogsさん

悪意の第三者(あくいのだいさんしゃ)

法律関係の発生・消滅・効力に影響するような事実を知っていながらにその行為を行うこと。

預り金(あずかりきん)

金融業の分野での「預り金」とは、「不特定多数者からのお金の受け入れのことで、預金や定期預金の受入れ、借入金その他何らかの名義をもってするを問わず、これと同様の経済的性質を有するもの」を言います(出資法第2条第2項)。法律によって認可を受けた者(例えば銀行)以外の者がこの「預り金」の行為を「業」として行うことを厳しく禁止しています。

アドオン方式/アドオン返済(あどおんほうしき/あどおんへんさい)

通常の返済方式では減っていく元本に対して金利を掛けますが、アドオン方式では当初の借入金額で利息計算をして、その利息合計を返済回数で割って月々の支払いを計算する仕組みになっています。

アドオン率(あどおんりつ)

実際返済するときに、元金100円あたりいくら利息を払えばよいかがアドオン率です。100円の元金に対して110円返済しなければいけない場合は、110―100=10で、アドオン率10%です。つまり、アドオン率が7%で金額が1万円なら上乗せが700円になるので、支払いは10,700円になります。

アルバイト詐欺(あるばいとさぎ)

「消費者金融でキャッシングをしてくれれば、報酬を支払う。」という仕事内容でアルバイトを募集する。そして、キャッシングはアルバイターの名義で行なうが、返済は求人側が行うと説明をされる。キャッシングしたお金は求人側に渡され、求人側よりアルバイターに報酬が支払われる。
しかし実際には、消費者金融に求人側からの返済は行われず、手にしていない借入の借金が残ることになる。もちろん、求人側に連絡は取れなくなっている。

暗証番号(あんしょうばんごう)

カードの不正利用を防ぐための番号です。ご契約時などに自分で指定します。
キャッシング利用時などに入力します。

アンタイドローン

使用使途が制限のない自由な貸付、融資のことをいいます。
逆に、用途があらかじめ指定されている制限のある貸付、融資をタイドローンといいます。

異時廃止(いじはいし)

個人破産のときに、破産者の財産が少なく、破産費用も払えない場合には、裁判所は職権により、それか本人の上申により、破産宣告と同時に「破産廃止」の決定を行うことを「同時廃止」という。
これに対して、破産宣告後、破産手続き進行中に破産費用が賄えないことが明らかになった場合、その段階で破産が廃止される。これを「異時廃止」という。

一括完済(いっかつへんさい)

借金などをひとまとめにして全部返済することをいいます。

印紙税(いんしぜい)

契約書や受取書などの法律で定められた文書に課税される税金のこと。
主に収入印紙などで支払われます。

インターネット キャッシング

審査が店頭ではなく、インターネットを通して審査を行い、借入を行うことができるサービスの総称。オンラインキャッシングやウェブキャッシングなどとも呼ばれます。

ATM(えーてぃーえむ)

automatic teller machineを省略したものです。

カードなどを使って、払い出しや預け入れ等を行うことができる機械。キャッシングが出来るものもある。
銀行は「現金自動預払機」、消費者金融は「現金自動貸出返済両用機」と言います。

延滞(えんたい)

契約の際に決められた返済日に、返済・完済されずにとどこおることをいいます。

延滞利息(えんたいりそく)

返済日が過ぎたことによる損害賠償として債権者に対して支払わなければならない金銭のことです。

1 2 3 4 5 ... 12 13