個人破産のときに、破産者の財産が少なく、破産費用も払えない場合には、裁判所は職権により、それか本人の上申により、破産宣告と同時に「破産廃止」の決定を行うことを「同時廃止」という。
これに対して、破産宣告後、破産手続き進行中に破産費用が賄えないことが明らかになった場合、その段階で破産が廃止される。これを「異時廃止」という。

前へ 次へ