通常の返済方式では減っていく元本に対して金利を掛けますが、アドオン方式では当初の借入金額で利息計算をして、その利息合計を返済回数で割って月々の支払いを計算する仕組みになっています。

前へ 次へ