1. まとめトップ

当初、ヨハネの黙示録による終末思想を思想体系とする小さな教団に過ぎなかったが、1990年にバーノン・ハウエルが新教祖に就任したのをきっかけに選民思想を説き、ブランチ・ダビディアンの信者達だけが最終戦争に生き残ることを神に認められた民と位置づけ、カリスマ的な独自の布教で信者を獲得した。

出典 ブランチ・ダビディアン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

立てこもり銃撃事件

1993年2月、テキサス州の教団本部に対し強制捜査が行われるが、ダビディアンはバビロニア軍隊に攻撃されるであろうとの予言を信じていたため、連邦捜査官をバビロニア軍隊と思い込んだ信者の応酬はすさまじく、捜査官4名、ダビディアン側6名の死者を出す。


この後、捜査はFBIが引継ぎ、全米国民が見守る中、51日間の膠着が続いた。ダビディアン側は武器弾薬に加え、1年分以上の食料を備蓄し籠城した。


同年4月、強行突入を決行。ところが、信者は意に反し投降しなかった。その後、突然建物から出火、教団本部は炎に包まれ、ほとんどの信者は焼死した。ハウエルを含め81名の死者を出し、内子供が25名、生存者は9名であった。

出典 ブランチ・ダビディアン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

名目上は工芸品を製造する株式会社であるが、実際は経営者の朴順子が主宰する新興宗教だった。

出典 五大洋集団自殺事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%A4%A7%E6%B4%8B%E9%9B%86%E5%9B%A3%E8%87%AA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

五大洋集団死事件

1987年、朴順子と息子ら家族や、会社の従業員32人が、工場の食堂天井裏で手が結ばれ首にひもが巻かれたまま死体として発見された。


事件発生前に社債70億ウォン(約14億円)の返済を巡って債権者(一部は信者)とトラブルを起こしており、韓国の警察は、教祖が社債返済を苦にして信者の従業員を道連れにしたと判断し、カルト教団特有の集団自殺事件であると結論付けた。


しかし死因は服毒や絞殺であり、集団自殺にしては多くの疑問点が残る事件であった。

出典 五大洋集団自殺事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%A4%A7%E6%B4%8B%E9%9B%86%E5%9B%A3%E8%87%AA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

修道会の幹部と信者が共同生活を送る宗教団体。修道会の活動の中で特徴的なのは、聖母マリアの幻視の神秘体験に基づいた無数の終末論的予言である。その中には隕石の落下、大規模戦争の勃発といったものが存在する。

出典 リトル・ペブル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%96%E3%83%AB

少女への性的暴行

2002年8月、教祖が15歳の少女への性的暴行容疑で逮捕された。取調べに際して、この少女が自分の84人の神秘的な妻のうちの1人であると主張したが、2005年7月に懲役5年の有罪判決が下され、オーストラリアのニューサウスウェールズ州のシルバーウォーター刑務所に服役した。

出典 リトル・ペブル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%96%E3%83%AB

1950年に和歌山県で宮本清治が教祖となり設立された。「正しい人生を歩んで心を清めること」、「救いを死後の天国に求めること」などを教義に掲げる。一部の信者たちは宮本の自宅で集団生活を送っていた。

出典 真理の友教会 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%90%86%E3%81%AE%E5%8F%8B%E6%95%99%E4%BC%9A

集団焼身自殺

1986年10月、教祖の宮本清治が病死し、その夜、真理の友教会は、浜の宮海岸に近い集会所に信者70人ほどが集って「お別れ会」を行なった。翌日の早朝、浜の宮海岸で、宮本の妻、義母、養女を含む7人の女性信者の焼死体が発見され、灯油を用いた集団焼身自殺とされた。

自殺した7人は、信者たちから「宮殿」と呼ばれた宮本の自宅で集団生活を送りながら、教会の運営実務を行なっており、未婚者の5人は信者たちから「神の花嫁」と呼ばれていた。

「神の花嫁」たちの遺書には「先生のお世話をするのが、神の花嫁の仕事。先生と天国へいきます」などと記されていたが、事件の3年前に書かれていたものもあったとされる。

出典 真理の友教会 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%90%86%E3%81%AE%E5%8F%8B%E6%95%99%E4%BC%9A

1960年代末から1970年代の初めにかけて、カリフォルニア州にて「ファミリー(マンソン・ファミリー)」の名で知られる疑似生活共同体を率いて集団生活をしていた。彼自身の風貌が当時の流行だったヒッピーと重なったこともあり、LSDを用いて少女達を洗脳し男性を誘惑させ信者にさせた。

出典 チャールズ・マンソン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

シャロン・テート事件

マンソンは『聖書』を独自に解釈し、女性は罪人であると信じ込んでいた。数件の残忍な殺人事件を計画し、ファミリーのメンバーに実行を命じた。


マンソンを象徴する有名な事件として、1969年8月、ロマン・ポランスキーの妻で当時妊娠8ヶ月だった女優のシャロン・テートら5人の無差別殺害がある。


マンソンは自ら殺害を実行することはなく、テート・ラ・ビアンカ殺害事件に関しても実行犯は3人の女性信者で全員が終身刑となり現在も服役中であるが、たびたび仮釈放申請が出され、そのたびにマスコミの関心を集めている。


マンソン自身にも1971年に死刑判決が下された。しかし翌年にカリフォルニア州で死刑制度が一時的に廃止されたため、自動的に終身刑に減刑された。後年同州の死刑制度は復活したが、マンソンには影響が及ばず、現在もカリフォルニア州刑務所で服役している。

出典 チャールズ・マンソン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

1 2 3





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1