1. まとめトップ

お金を借りることを何といいますか?
「キャッシング」「ローン」「キャッシングローン」と他にも様々な呼び方があります。

全て、お金を借りるという点においては違いありません。
しかし、明確な定義ってあるのでしょうか?

キャッシング(Cashing:現金化)

☆融資額限度内ならば、何度も借入可能
☆保証人・担保が必要ない
☆融資額限度が低い
☆利率が高い
☆短期の一括払い

保証人も担保も必要とせず、手軽に現金を借りることが出来ます。

融資限度額内であれば、返済が終わっていなくても借り入れが可能です。目的が自由で使い勝手がいいです。
無担保のため、融資額は低く、利率は高めの設定になっているので、返済方法は「短期での一括払い」になります。

ローン(Loan:貸付金)

☆毎回審査
☆担保が必要
☆融資額限度が高い
☆利率が低い
☆長期の分割払い

一言に「ローン」といっても、「住宅ローン」「教育ローン」「マイカーローン」「旅行ローン」と様々なものがあります。

共通していえることは、目的に応じて、毎回しっかりと審査を行い、「借入契約書」を取り交わして融資を受けるということです。担保も必要になります。融資額は高く、利率は低めの設定になっているので、返済方法は「長期での分割払い」になります。

キャッシングローン

「キャッシング」と「ローン」を組み合わせたのが、「キャッシングローン」です。
現在、ほとんどの場所がこの形態をとっています。

基本的にはローンと同じですが、キャッシングローンは「無担保」での借り入れが可能です。
また、使用目的も自由なのでローンよりも手軽に借り入れが出来ます。


そして、融資額限度や利率、審査などは会社によって大きく変わっているため、定義が曖昧です。

注意点

気をつけなくてはいけないのが、上記の定義はあくまでも利用者からみた一般的な定義であって、業者によって定義が全然違うため、あくまでも一般的な定義はあっても、明確な定義は存在しません。

実際には、消費者金融や銀行などからみると、「ローン」は使用目的がハッキリしているもので、個人向けの使用目的が明確ではないものが「キャッシング」ぐらいの違いしかありません。

また、クレジットカードなどからみると、「キャッシング」が一括払いという意味で、「ローン」が分割払いという意味になります。

そのため、最近では「ローン」と聞くと悪いイメージを持つ人も多いため、一般的な定義でみると「ローン」であっても「キャッシング」と表記する会社があるくらいです。

1





shindogsさん