1. まとめトップ

名作映画を台無しにする! 「映画タイトルに1語加える」の英語圏ハッシュタグが笑える。

英語圏のお題系ハッシュタグ、#addawordruinamovie (Add a word, ruin a movie) がくだらなくておもしろいです。少しは英語の勉強にもなるかも。なお、下ネタ、下品なものは入れてありませんので、安心してお楽しみいただけると思います。

更新日: 2013年10月13日

7 お気に入り 8697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

Twitterの「お題」系ハッシュタグのひとつ、 #addawordruinamovie

▼Fight Club (邦題『ファイトクラブ』)

力いっぱい、俺を殴れ(そのふわっふわの枕で)

▼Return of the Jedi (邦題『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』)

「返品は、レシートを添えて1週間以内に」

▼The Shawshank Redemption (邦題『ショーシャンクの空に』)

原題の"Redemption"とは、「罪を贖う」という意味と同時に、債券などの「満期償還」や「買戻し」「回収」という意味をもつ言葉である。

▼The Lord of the Rings (邦題『ロード・オブ・ザ・リング』)

▼The Lion, the Witch and the Wardrobe (邦題『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』)

「ワードローブ(衣類)の機能不全」とは、服がはだけてしまったりずり落ちてしまったりめくれてしまったりして、本来見えてはいけないものが見えてしまうことを言います。

▼Chariots of Fire (邦題『炎のランナー』)

"Chariots of Fire" というタイトルはウィリアム・ブレイクの『ミルトン』の序詩 "And did those feet in ancient time" からとられている。詩では "chariot of fire" と単数形。ブレイクがモチーフとしたのは、旧約聖書『列王記』においてエリヤが炎の戦車(Chariot)に乗って地上を見下ろすシーンである。

▼The Girl With The Dragon Tattoo (邦題『ドラゴン・タトゥーの女』)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10