1. まとめトップ

自分大好き超自己愛性ナルシスト男の特徴

自分が認められたり、周りから褒められる事が他人より異常に強く手段を選ばないのでトラブルが尽きないタイプそんなナルシスト男の特徴を詳しくまとめてみました。

更新日: 2016年12月27日

16 お気に入り 94691 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

中間はありません。

対人関係に対しては、「上か下か」しかありません。もしくは、「大好き」か「大嫌い」のどちらかです。中間はありません。かまってチャンなので、自分の思い通りに動かせる手下、手が届かないような憧れの存在を上にし、自分と重ねます。

行動に具体性がない

真の大物と単なるナルシスト男の最大の違いは、行動の具体性の有無です。

つまり、大物であればただ夢を語るだけでなく、その夢の実現に向けて計画を立て、少しずつ前進しようと常に行動を起こしています。
ところが、ナルシスト男の場合、口先ばかりでちっとも行動が伴いません。たとえば「日本なんて狭い狭い。俺は世界を股にかけた事業をやるんだ」と言いながら、語学の習得ひとつせず、また事業に向けた人脈づくりや資金集めもさっぱりです。

自分本位な考え方をする

ナルシストは自分に自信があるせいか、自分本位な考え方しかできない人が多いです。自分が大切だから自分を第一に考えてしまうのです。

洋服を買うのが好き

これは昔からアパレルの業界で言われています。洋服をよく買いに来る男子はナルシストであり寂しがり屋だから、店員さんがちょっと過剰に接客をすれば、5万円でも10万円でも落としていく。こういう言われ方をしています。

「昔は●●だったんだ」

「バブルの頃には月収200万円だった 」とか「実はモデルと付き合ったことがある」とか、過去の栄光にしがみつくのは悪玉ナルシスト。

「教えてやらないと」

自分の常識が世間の常識。そんな“上から目線”ナルシストがよく使う言葉です。類義語として「普通は~~だ」(たとえば「こういうとき普通は年長者に従うものだ」など)が挙げられます。

誇大な感覚

口癖は「俺は凄いだろ、俺にかなう奴がいるか、ガハハハ」

外面が良い

とにかく、饒舌で、人付き合いが得意で、周囲の人たちからは、親切で良い人と思われています。このタイプは、良い人と思われたために、良い人を演じています。

「自分は特別だ」

一つは無自覚タイプです。正に自己中心の塊です。厚顔無恥、誇大、顕示欲の強さなどがこのタイプの特徴です。
もう一つは全く逆で、過剰警戒タイプです。「自分は本当はもっと凄いんだ」と空想して、傷付いた自尊心を取り戻そうとするタイプです。傷付きやすさや、過敏性が強く密かな自己愛を持っているのが特徴です。

あなたの友達の悪口を言う

あなたの友達について、悪口を言うような男には要注意。友達の悪口を聞かされるだけでもイヤなものですが、話はそれだけではすみません。やがて彼は、「あんな女と付き合ったら、おまえが悪影響を受ける」などと言い出して、あなたの友人との交際まで制限するようになります。

1 2