1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

史上最年少!白井健三が世界体操で金メダル 16点台の快挙

体操の白井健三選手がベルギー・アントワープの世界体操で史上最年少金メダルを獲得しました。1988年ソウル五輪で池谷幸雄選手が17歳11カ月で団体と種目別ゆかで銅メダルを獲得したのを抜いての史上最年少です。決勝は最終演技者として登場し、16.000点を獲得。16点台はどのぐらい凄いのかまとめました。

更新日: 2013年12月01日

68 お気に入り 101914 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ベルギー・アントワープの世界体操で金メダル

《世界体操 ゆか種目別決勝》 1位 白井健三 3位 内村航平 pic.twitter.com/wxSY6yMvkA

うわあ、体操の白井君が内村君をついに超えたかあ。すごいなあ。 今週末はスポーツ盛りだくさんだね。

驚異のひねりの美しい体操が魅力です。

白井選手は神奈川県出身の高校2年生で、17歳での金メダル獲得は男女を通じて日本選手で史上最年少の快挙です。

1988年ソウル五輪で池谷幸雄が17歳11カ月で団体と種目別ゆかで銅メダルを獲得したのを抜き

今までは池谷選手が最年少でした。

16点台の凄さ

初出場の17歳、白井健三(神奈川・岸根高)が種目別のゆかで16.233点をマーク

世界体操の予選です。

決勝は最終演技者として登場し、16.000点を獲得

安定して16点台を獲得。

ロンドン五輪、床運動に出場した、男子個人総合の金メダリスト、内村航平(コナミ)は15・800点で、銀メダルを獲得

2012ロンドン五輪で銀メダルを獲得したとき、内村航平選手は15.800でした。

跳馬では16点台をマークしています。

北京五輪の金メダリストで予選1位だった中国の鄒凱(ズーカイ)が15・933点で優勝

2012ロンドン五輪の優勝が15.933でした。
単純に比較すると16.000はオリンピックの金メダルを超えるレベルです!

2008年の北京五輪体操男子種目別床運動の決勝、中国の鄒凱が得点16.050で優勝しています。
やはり16点台はオリンピックの金メダルレベルです。

跳馬では16点台を出した選手が7人いましたが、それ以外の種目では16点台の得点を出した選手はいませんでした。また、床の最低点は12.266点でしたが、跳馬での最低点は14.400でした。

床で16点台を出すことの凄さが分かりますね。

新技「シライ」が炸裂

体操の世界選手権で 17歳の白井健三選手が成功させた新技が シライ と命名される事になりました pic.twitter.com/wNpUGIHkZb

後方伸身宙返り4回ひねり

床だけでなく跳馬でも新技を決めています。
「シライ/キム」と命名

賞賛の声が凄い

それとイプシロンロケットの打ち上げも成功したし、最近では体操 で白井選手が新技の名前が2個も命名されたし、内村選手と 加藤選手が個人総合で金と銀のメダルを取ったし勢いがある日本。 10月7日からはノーベル賞の発表もあるしね!! なんかまた2個位メダル 取りそうな予感。

いやー、体操の白井くんすごいわ。高校生にして種目別ゆかが世界選手権で金ゲット。しかもどうやら新技に彼の名前がつけられるそうで。おめでとう!早く動画というか映像観たい!

白井健三くん、世界体操男子種目別決勝 ゆか金やって♡♡ 内村は銅やって! ほんまに白井くんはツボ♡

今、体操がすごい!!世界選手権で内村が金(しかも世界初の4連覇)、加藤が銀。17歳の白井も負けていません。床での4回転ひねりの技が「シライ」と命名さsれました。この技、TVで見ましたが、体が宙に浮いたまま「ヒラヒラ」と回転する様は信じられないくらい美しかった。女子も好調ですよね!

目が覚めたらテレビではフジテレビで世界体操ベルギーの男子個人総合決勝が生中継。 内村航平が金で世界初の4連覇、加藤凌平が銀で日本勢一位二位独占。 17歳高校生の白井健三 ” ひねり王子 ” の登場といい体操ニッポン復活やね (^^) pic.twitter.com/mpQ9NxOO8V

1