1. まとめトップ

iPhoneのWi-Fi同期がうまくいかないときの対処法

Wi-Fi同期がうまくいかない時の対処法はネット上に落ちていますが、どうも散らばっているようなので簡単にまとめてました。アプリRemoteがうまく使えない場合もこの方法でうまくいくかもしれません。ちなみに筆者は、ルーターのsnooping機能の無効化によって無事Wi-Fi同期できるようになりました。

更新日: 2013年10月09日

32 お気に入り 86314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuppanさん

>はじめに、基本的な条件を満たしているか確認します

1.バージョンの確認

Wi-Fi 同期には、iTunes 10.5 以降と iOS 5 以降が必要

2.Wi-Fi同期が有効になっているか

Wi-Fi同期を有効にするには一旦USB接続する必要があります。

3.iPhoneとPCが同じネットワーク上にいるか

通常は、家で PC と iPhone をインターネットに接続すれば自然と同じネットワーク内にいる

ということですので、これは基本的には大丈夫かと思われます。

>上記条件を満たしているのに同期できない場合、以下を試してみて下さい

1.ファイアウォールによって妨げられていないか

2.ルーターによって妨げられていないか

マルチキャストを止めてしまうことでiOS機器を見つけられなくなってしまう

Buffaloのルーターの場合の例。Snooping機能が同期を妨げている場合がある。

3.AppleMobileDeviceHelperが暴走していないか

PCと、iOSデバイスが同一のWi-Fiネットワーク上に存在するにも関わらず、iTunesに認識されない場合は、このプロセスが暴走している可能性

1