1. まとめトップ

【訃報】桜塚やっくんが交通事故死…(事故車画像あり)【衝撃】

お笑いタレントの桜塚やっくんこと斉藤恭央さんが(37)が中国自動車を車で走行中、事故に遭い、亡くなったことを5日、山口県警が発表した。県警によると、やっくんは単独事故を起こし、車を降りたところを後続車にはねられた。

更新日: 2016年02月26日

3 お気に入り 1038415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momomo0327さん

あれから一年。

美祢インターチェンジ(IC)-美祢西IC間にある現場は以前から「運転の難所」とされ、県警やNEXCO西日本は事故を機に、同区間で路面のカラー舗装化など事故防止策を強化。事故数は前年に比べ半減するなど、大きな効果を上げている。改めて現場近くを車で走った。

 赤や黄色の舗装。「スピード注意」と大書された看板。事故以来、美祢-美祢西IC間13.5キロには、ドライバーに注意喚起を促す工夫が次々に施された。しかし、高速道路とは思えないほど大小のカーブと勾配が連続するため、運転には緊張が伴う。追い越し車線のトラックが、走行車線の記者の車に近づき横を通過する際は、ハンドルを持つ手に自然に力が入った。

心臓破裂で事故死した桜塚やっくん

本名 斎藤恭央(さいとうやすお)

生年月日 1976年9月24日
神奈川県出身

男性お笑いタレント、声優、俳優。通称(自称)「やっくん」。

以前はジャニーズ事務所に所属しており、本名の斎藤 恭央(さいとう やすお)で活動していた。

危険を感じたやっくんはすぐ後を追って車外に出ると、伊織をかばうようにさらに後方に立った

“日常”が突然“非日常”へと転じて、メンバーは半ば錯乱状態に陥った。伊織は「とっさに外に出ちゃったんですよ。で、後ろに走って行ったんです」。後続車に合図しようという行動だったが、危険を感じたやっくんはすぐ後を追って車外に出ると、伊織をかばうようにさらに後方に立った。

 透chはそのときのやっくんの声が耳に残っている。「『大丈夫か!』とか『伊織ーっ!』とかメンバーの名前を叫んだり、本当にみんなを心配する声でした」。その声は、後方からいきなり現れた乗用車がやっくんをはねたことで断ち切られた。

事故が起こったのは5日午後4時50分ごろ、山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線。

県警によると、やっくんはワンボックスカーで仲間5人と下り線を走行中、単独で中央分離帯に衝突する事故を起こした。車は追い越し車線に止まったが、やっくんともう1人が路上に降りたところ、別々の後続車にはねられ死亡した。1台は普通乗用車、もう1台は普通貨物。どっちがどっちをはねたかは捜査中という。

コンサートに出るため熊本県に向かう途中だった。

やっくんは病院に搬送され、死亡が確認された。死因は心臓破裂という。もう1人は即死状態だったため病院にも搬送されず、県警で医師が死亡を確認した。死因は外傷性ショックという。

現場は美祢インターチェンジ(IC)‐美祢西IC間の右カーブ。

ほかに男性3人が乗っており、うち2人が胸や肩の痛みを訴え病院へ搬送された。意識はあり、会話ができる状態という。
亡くなったもう1人は埼玉県所沢市御幸町、砂守孝多郎さん(55)。車には全部で5人が乗っており、ほかに男性2人が胸や肩の痛みを訴え病院へ搬送されたが、軽傷だった。
 現場は美祢インターチェンジ(IC)‐美祢西IC間の右カーブ。

コンサートに出るため熊本県に向かう途中だった。

「美女♂menZ」の公式サイトに、事務所からのメッセージが掲載された。

「美女♂menZ」の公式サイトに、事務所からのメッセージが掲載された。

 サイトでは「ファンの皆様にはご心配をお掛けいたします。新聞・ニュースでの発表通りではあります。如月なつき、透ch、伊織の安否確認は取れております」と他のメンバーが無事であることを伝えるとともに「詳しいことが分かり次第発表させていただきますので今しばらく、安らかに眠ることをお祈りください」とコメントした。

 「美女♂menZ」はメンバー全員男の“ガールズバンド”。6日には熊本のショッピングモールで2回ライブを行う予定だった。

砂守孝多郎さん(55)はこのバンドのマネージャー(一部にはプロデューサーという話もあります)をしていた。

桜塚やっくんは日本テレビ系のバラエティー番組「エンタの神様」で“スケバン恐子”のキャラクターで人気者に。「がっかりだよ!!」の決めゼリフが話題を集めた

「桜塚やっくん」の芸名でタレントとして活動していた東京都渋谷区の斉藤恭央さん(37)

やっくんのブログにファンからの悲しみのコメントが続々と寄せられた。

「やっくん今までたくさん笑わせてくれてありがとうございました!天国でもまた、たくさんの人を笑顔にさせてね!ご冥福をお祈りいたします」というものや、「心臓破裂なんて…またテレビで見たかったです」と死因に驚きを隠せないコメントも散見された。また、「やっくん。。嘘でしょ。。全然信じられないよ逝くにはあまりにも早すぎて。。」とあまりに突然のことに信じられないといった声も多数見られた。

 コメント数は時間を経るごとにどんどん増え、6日朝には1万件を超えた。

やっくん惜しむ声続々…ファンキー加藤「また飲みたかった」

元「ファンキーモンキーベイビーズ」のファンキー加藤(34)はツイッターで、やっくんがファンモンの解散ライブを訪れたという内容のツイートをリツイートしつつ「今ニュースで知りました。また一緒に飲みたかったです。ソロのライブも観て欲しかったです。どうか安らかにお眠りください」と投稿。「ゴールデンボンバー」の歌広場淳(28)も「一度僕たちのライブを観に来て下さったことがあります。事故だなんて。信じられない」とツイートした。

芸人仲間からも

芸人仲間からも「ご冥福をお祈りします。優しい人でした」(エハラマサヒロ=31)、「とてもつらいのでお酒を飲みます。安らかにお眠りくださいませ」(麒麟・川島明=34)「絶対にバンドで売れるって言ってたやん。死んだら売れないよ。俺にない底抜けの前向きさ好きだったよ」(ヒロシ=41)など惜しむツイートが続々。

様々な芸能人からお悔やみの言葉が

「ショックなことを、今知りました。。。 信じられない。。。とても悲しい。。。 ご共演させて頂いたこと、ラジオでメッセージを下さったこと、私は絶対に忘れません」(SNH48.宮澤佐江=23)、「何度もお仕事ご一緒させていただいて、いつも褒めてくれていじってくれて、ステキな印象しかありません。まだ信じれないですが…」(時東ぁみ=26)など、親交や共演経験のある様々な芸能人からお悔やみの言葉が寄せられた。

2005年まであばれヌンチャクとしてコンビを組んでいた元相方で声優の竹内幸輔が沈痛な思いをツイッターにつづった。

ご心配おかけしています。たくさんのメール、電話、リプライありがとうございます」と、周囲の気遣う声に感謝。「今日だけ俺のことはほっといてください。相方に手を合わせてあげてください」とし、「明日から恭央と向き合います」と元相方の急死を悼んだ。

父・充さん(63)と母・美佐緒さん(61)が6日、遺体と悲しみの対面を果たした。

恭央は30分蘇生手術を行ったそうですが、ほとんど即死だったそうです。頭蓋骨が陥没し、肺が半分に縮んでいました。心臓も破裂して小さくなっていました。顔や体はきれいで生きているようでした」と説明。遺体と対面した時、「『お父さん』と呼んでくれ!」と声をかけたという。

事故当時ハンドルを握っていたのが桜塚さんだった。

事故現場は下り坂になったS字カーブで事故多発地帯。しかも当日は雨が降って視界不良なうえ、路面が滑りやすい状況だった。東京から1100キロの距離をメンバーが交代で運転していたが、事故当時ハンドルを握っていたのが桜塚さんだった。

事故の状況は・・・

「スリップして中央分離帯にぶつかってしまったんです。(マネジャーの)砂守(孝太郎)さんがドアを開けて出たところ(後続車両に)はねられた。(慌てて出た)恭央が後ろの車を止めようと手をふったり110番している時に(別の後続車両が)突っ込んできました」

母の日に会ったのが最後の日になってしまったという。

最後に会ったのは5月12日の母の日。美佐緒さんにバラの花束を抱えて実家に帰ってきたという。美佐緒さんは「今はいい思い出しか浮かんでこない」と泣きじゃくった。

「砂守さんの命を奪って申し訳ありませんでした」と繰り返し謝罪した。

充さんによると、桜塚さんはバンドメンバーを育てることにやりがいを感じていたという。夢は売れない芸人のためのシェアハウスを造ること。「(テレビ朝日の)『(大改造!!劇的)ビフォーアフター』に企画を持ち込んでやってみたいんだよね」と目を輝かせていたそうだ。

 だが、それももうかなわない。充さんは「やはり事故の原因は恭央にある。安全運転に徹していれば起きなかった」とし、「砂守さんの命を奪って申し訳ありませんでした」と繰り返し謝罪した。

桜塚やっくん メンバー守るために死んだ

同乗していたバンド「美女♂menZ」のメンバー(伊織、透ch、如月なつき)が10日、事故の瞬間の様子を初めてフジテレビ系「とくダネ!」のインタビューに対して語った。

マネジャーの砂守孝多郎さんが最初にはねられた際の状況を説明

メンバーはまず、マネジャーの砂守孝多郎さんが最初にはねられた際の状況を説明した。それによると砂守さんは携帯電話で通話しながらドアを開けて外に出、その瞬間走って来たトラックにはねられて、体が車内に飛び込んできた。

 事故の瞬間まで、メンバーは熊本でのコンサートに向けて車内で作業していた。グッズの仕分け、資料調べ、携帯での連絡…やっくんはそのとき運転手役だった。

1 2 3