出典 www.asahi.com

「(最後の)鉄棒が終わった瞬間、喜びが湧き出てきた。予選と同様にミスが出なかったことが結果につながった。(加藤との1、2位は)日本が個人総合で一番強いと思っているので当然。美しい体操が評価されるとあらためて分かった」

この情報が含まれているまとめはこちら

メダルラッシュがすごかった体操ニッポン【男子体操世界選手権2013】

体操の世界選手権が6日終了し、日本勢の今大会の獲得メダルが、金4、銀1、銅2の計7個(いずれも男子)で確定した

このまとめを見る