種目別決勝が行われ、男子平行棒で内村航平(コナミ)が15・666点を出し、史上初の4連覇を達成した個人総合との2冠に輝いた。

出典【世界体操】内村、平行棒でも「金」日本勢32年ぶり:その他:スポーツ:スポーツ報知

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

メダルラッシュがすごかった体操ニッポン【男子体操世界選手権2013】

体操の世界選手権が6日終了し、日本勢の今大会の獲得メダルが、金4、銀1、銅2の計7個(いずれも男子)で確定した

このまとめを見る