1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

世界のおもしろいアート作品

更新日: 2013年10月07日

doorcrawlさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 30048 view
お気に入り追加

テープを使った立体アート

街にテープを貼り、ありえない空間に立体作品を作る。

トランプでできた建造物!

この作品のすごいところは、接着剤や作品を支える棒など一切の補強する道具がないことだ。ハーバード大学で建築を学んだBryan Berg氏だから成せた技といえるだろう。

彼は、このトランプ建造物でギネス記録をもっている。

食べ物には見えないフードアート

一見食べ物には見えないメルヘンな世界だが、よーく見てみるといろいろな食べ物が存在している。

これぞ、本物のお菓子の家。

葉っぱ一枚からできたアート

芋虫が葉っぱを食べているのを見て、Lorenzo Duran氏がひらめいたアート作品。

奇想天外!卵の殻を使ったアート

1作品平均3,000個の穴を、ドリルで掘り込んだ作品。穴は貫通しているだけでなく、殻を削ることによってできる凹凸があることで、透かしの表現を可能にした。

超繊細な素材なのに、ここまで作りこまれていると卵の殻を感じさせない。硬質な素材のように思えてしまう。

精巧なダンボールアート

出典ceron.jp

無機的な形状のものだけでなく、人体のなめらかなフォルムまで緻密に再現。

生きてる?かぼちゃカービングアート

出典irorio.jp

硬くて重いかぼちゃを、カービングして作り上げた作品。驚くべきは、作り上げるまでに数時間しかかからず、作品の構想と撮影の方がはるかに時間がかかるとのこと。

出典irorio.jp

Andy Bergholtz氏は、おもちゃ業界で粘土キャラクターを作る仕事をしていたので、造型はおてのもの。

電子部品とマイクロチップを用いたマンダラアート

マンダラとは仏教において、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもので、マンダラの神秘的な雰囲気を電子部品とマイクロチップでみごとに表現している。

1





doorcrawlさん

このまとめに参加する