解熱鎮痛薬を使用してから、数分から半日以内に、蕁麻疹、もしくはまぶた、唇、顔、口内の腫れ(血管浮腫)がおきた場合は、この副作用の可能性が十分あります。重い副作用の方ほど、原因薬使用から副作用がでるまでの時間は短いことがわかっています。

出典NSAIDs解熱鎮痛薬不耐症・過敏症/症状と対応:NSAIDsによる蕁麻疹/血管浮腫

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知らないと怖い!! 解熱鎮痛薬(NSAIDs)不耐症 過敏症

身近な解熱鎮痛薬。「いつも飲んでいる薬だから安心!?」ある日突然、あなたもNSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)(解熱鎮痛薬)不耐症 過敏症になる可能性があります。疑われる症状が出た場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

このまとめを見る