1. まとめトップ

【隠れた音楽大国】アイスランドのアーティストたち

人口30万人弱という小さな国ながら、世界的に認知されているアーティストを多く輩出しているアイスランドの音楽についてのまとめです。Iceland Airwavesで実際にライブを見て、気になったアーティストも紹介しています。※随時更新中です。

更新日: 2017年03月20日

88 お気に入り 87544 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sloth_さん

アイスランドでは、マーケティング先行ではなく自由に好きな音楽を作っているアーティストがほとんど。そんな中から生まれたビョーク、シガーロスといったアーティストが国際的に認知されたことにより、世界からその音楽が注目されています。毎年10月に開催されるアイスランド最大の音楽フェス、Icland Airwaves(アイスランドエアウェイブス)には近隣のヨーロッパだけではなく、アメリカ、アジア、南米からも沢山の人が訪れています。

■代表的アーティスト
Björk (ビョーク)、The Sugarcubes (ザ・シュガーキューブス)、 Sigur Rós (シガーロス)、múm(ムーム)

■シガーロス関係
Jónsi (ヨンシー)、Amiina (アミーナ)

■ポストクラシック/アンビエント
Ólafur Arnalds (オーラヴル・アルナルズ) 、Jóhann Jóhannsson(ヨハン・ヨハンソン)

■アンビエント/テクノ
Yagya, Kiasmos

■ポストロック
For a Minor Reflection(フォー・ア・マイナー・リフレクション)
Stafrænn Hákon(スタフライン・ハウコン)

■エレクトロニカ
Gus Gus (グスグス)、Worm Is Green (ワームイズグリーン)、Kira Kira(キラキラ)、.Apparat Organ Quartet(アパラット・オルガン・カルテット)

■女性ボーカル
Emiliana Torrini(エミリアナ・トリーニ)、Ólöf Arnalds(オルロフ・アルナルズ) 、Sóley(ソレイ)、 My Bubba(マイババ)

■シンガーソングライター
Borko (ボルコ)、Mugison(ムーギーソン)、Ásgeir(アウスゲイル)

■インディーポップ
Of Monsters and Men (オブ・モンスターズ・アンド・メン)、Seabear(シーベアー)、Rökkurró (ロウクロウ)、Sin Fang(シン・ファン)、Hjaltalín(ヒャルタリン)、Tilbury(ティルバリー)、Kiriyama Family(キリヤマファミリー)

■Lo-Fi
Pascal Pinon(パスカルピノン)

■エレクトロポップ
FM Belfast(エフエムベルファスト)、Retro Stefson(レトロ・ステフソン)

■ロック
Agent Fresco(エージェント・フレスコ) 、Mammút(マムート)

■オルタナティブロック/シューゲイズ
Oyama

1965年レイキャビク生まれ。幼少の頃から音楽を学び、12歳にしてアルバム「Björk Guðmundsdóttir」を発表。ソロ活動以前には「The Sugarcubes」のヴォーカルとして活躍。ちなみにビョークとはカバノキ(樺の木)という意味。

1986年レイキャビクにて結成。前述のビョークがヴォーカルとして活動していた。1987年には、イギリスのレーベル「One Little Indian」や、USのレーベル「Elektra Records」と契約、デビューアルバム「Life's Too Good」をリリース。

1994年、ヨンシー、ゲオルグ、アウグストの3人によってレイキャビクにて結成。1997年にアルバム「Von」(ヴォン)にてデビュー。その後リリースされた「Ágætis byrjun」(アゲイティスビリュン)にて世界的成功を収める。

アルバム「Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust 」に収録。このライブは自然破壊に反対する目的で開かれたフリーコンサートの映像。ビョークとシガーロスが共演、その模様がナショナルジオグラフィックによって世界配信された。

1975年生まれ。シガーロスのヴォーカリスト。チェロの弓を使ったボウイング奏法やファルセットヴォイスで知られる。

レイキャビクの音大出身のヒルダ、エッダ、マリア、ソルランによって結成。1999年からSigur rosのバックで弦楽器を演奏。2005年に「AminamiA」と「Seoul」のEP2枚をリリース後、アルバム「Kurr」リリース。男性メンバーが2人加わり、現在男女混成6人組となっている。

EP「Re Minore」、アルバム「Puzzle」に収録
Iceland Airwaves 2010でのライブ映像

1997年オリジナルメンバーであるグンニ、オルヴァルと双子のギーザとクリスティンによって結成。生活音や自然音を美しく溶け込ませた手作り感あるエレクトロニックサウンドを奏でる。2002年にギーザ、2006年にクリスティンが脱退し、現在はグンニとオルヴァルを中心にフレキシブルなメンバー構成で活動。

アルバム「Sing Along To Songs You Don't Know」に収録

1977年レイキャビク生まれ。94年に『Spoon』でデビューし、99年のアルバム「 Love in the Time of Science 」で世界デビュー。2002年には、映画「ロード・オブ・ザ・リング」のエンディング曲をビョークの代理として歌い、話題となった。

出典magg.is

1995年に結成。映画監督、俳優、写真家、ダンサーなど多彩なメンバーから成る。幾度かのメンバーチェンジを経て、現在は5人で活動中。エミリアナ・トリーニも参加していたことがある。他のアイスランディックアーティストたちのリミックスも手がけている。

2000年にアイスランド西岸のアクラネースにて結成。2004年、Thule Musikよりリリースした「Automagic」でデビュー。

1 2 3 4