1. まとめトップ

締め付けない開放感!ふんどしがオシャレ下着に進化していた

ふんどしが健康に良いのは知っているけれど、実用的じゃないかもと思っていたあなた。今時はオシャレなデザインで気軽に取入れることができるふんどしパンツが増えてきています。

更新日: 2013年10月06日

mintycandyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 67649 view
お気に入り追加

▼従来型の下着による悪影響

ゴムでの締め付け

当たり前に身につけている下着のゴムの締め付けというのは、
実はカラダにとっては侵害刺激(ストレス)といえます。

侵害刺激(ストレス)となるとカラダはこの締め付けに対して
自然と防御しようとします。
筋肉を緊張させてゴムが食い込むのを防ごうとするのです。

しかしこれでは常に筋肉が緊張している状態ですので、
交感神経を興奮させてしまいます。

下着の締め付けによって、わたしたちの身体は、思ったより深刻なことがおきています。
免疫力が低下し、内臓の働きが鈍くなっているのです。
ゴムの締め付けが血液や体液の循環を悪くし、冷えの原因をつくっています。

ゴムのしめつけが強いのでソケイ部などが圧迫されて、皮膚のトラブルや血行不良が起こりやすく、冷えやむくみ、皮膚の炎症などの原因となるこというデメリットがあります。

たかがパンツのゴム。されどパンツのゴム。おそるべしパンツのゴム。
締め付けは万病の元だったのです。

▼ふんどし型パンツのメリット

ふんどしは、ゴムを使わずに一枚の布だけでできているため、しめつけ感がまったくなく通気性にも優れていて、ふんどしを使うようになってから、生理痛が軽減したり、ストレスが軽減したという人も多いようです。また、現在流通している女性用ふんどしは、自然素材で作られたものも多く、からだによい上に身体のラインがキレイになるといわれます。その健康面&美容効果に、近年大きな注目が集められています。

「もう、ゴムのパンツはなきたくないね♪♪」
「気持ちいいね~♪♪」
「足の動きが楽だよ~♪♪」
「ゴムのあとのみみずばれが、なくなった!!」
「とにかく、この解放感がたまらないよね♪♪」

▼ふんどしパンツにして良くなった事

腰痛、肩こり、頭痛、不眠、むくみ、冷え症、高血圧、低血圧、胃の不調、便秘、痔、神経痛、生理痛、生理不順、おりもの、膀胱炎、膣(ちつ)炎、水虫、肌のつや、張りの増し、免疫力が高くなった、イビキ、熟睡、疲れ、二日酔い、うつ

▼急にふんどしって言われても、という人は

女性用ふんどしには想像以上の健康&美容効果があるといわれています。けれども、突然すべての下着をふんどしに変えるということには、ちょっと抵抗があったり、勇気がいるという方もいるかもしれません。そんなときは、無理せず、まず就寝時だけでもふんどしに変えてみて、その効果を実感しながら少しづつふんどしに慣れて行くというやり方をおススメします。また、ファッションによって使い分けて行くというのもよいやり方かもしれません。

人生の3分の1は寝ている訳ですから、その間だけでも解放してあげると良いかもしれませんね。

▼女子向けかわいいふんどしパンツ

1





mintycandyさん

糖質制限ダイエットしてます。
ダイエットの話題を中心に興味がある事をまとめていきます。
ヨロピク。