1. まとめトップ

身近なものについた「サビ」を簡単に落とす方法

台所やお風呂場、洗面台で見つけたサビ、諦めてしまっていませんか?サビの症状の度合いにもよりますが、自分で簡単に落とせる方法があるんです。

更新日: 2013年10月07日

515 お気に入り 1991443 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aoibotaruさん

▼サビの症状が軽いものの場合

-落とし方

発見が早いものは、はみがき粉を錆びの部分につけ、ハブラシでこすり落とします。落ちたら水で洗い流しましょう。

▼錆び付いてから時間がたっているものの場合

・ヘアピン等小さめなものについたサビの落とし方

酸性洗剤(サンポール)
瓶またはガラス製のコップ

サビ防止もするなら
台所用洗剤(中性)

-落とし方

1、ガラス瓶にサビを落としたいものが完全に浸かるくらいのサンポールを原液のまま入れる。

2、15分ほどでサビが落ちます。落ちたら、サビ防止のために、サンポールから出してすぐ台所洗剤(中性)の溶液につけて少しおいてください。

3、中和できたので、あとは水で洗ってタオルドライで終了です。

-注意点

・油分がついているものは脱脂をしておきましょう。うまくできていないと全く効果がありません。

・酸性洗剤は塩酸9.5%のものを使用してください。

・シルバーラックについたサビの落とし方

下が磨く前、上が磨いた後です。

5ー56(潤滑油)
ステンレスタワシ
液体カーワックス
雑巾
マルチ布巾(雑巾2枚でも可)

-落とし方

1、シルバーラックに「5ー56」をかける。少し時間が経つと「5ー56」が錆を浮かせま   す。

2、錆が浮いたら「ステンレスタワシ」で軽く磨く。

3、「5ー56」と「た錆」を雑巾で拭き取る。

4、次に「液体カーワックス」を「マルチ布巾」に含ませてシルバーラックを拭く。

5、「液体カーワックス」が乾くと白くなるので、雑巾で余分なワックスを拭き取ります。

-注意点

・錆が部屋に飛び散る可能性があるので、なるべく外で磨きましょう。

・ステンレスタワシで強くこすらないようにしましょう。磨いた部分に傷がつくとそこからまた錆びやすくなります。

・スチールウールはステンレスタワシの代わりにはなりません。残ったスチールでまた錆がついてしまいます。

・風呂場や洗面台のプラスチックについた貰いサビの落とし方

このハイドロハイターは白物衣類についた鉄サビの色を漂白する還元系漂白剤といわれています。大きめのスーパーなどでは250円で売っています。血液の染み落としにも効果があります。

-落とし方(浴槽の場合)

1、衣類向けの使用方法に従って、50℃ほどに温めたお湯を張り、ハイドロハイターを入れる。

2、30分ほど待てば錆が綺麗に落ちています。そのあと、水で洗い流して下さい。

-落とし方(その他の場合)

1、ハイドロハイターを40~50℃のお湯で溶かして、サビの部分に塗ってテイッシュ等で乾かないように湿布しておく。

2、30分ほどそのまま放置しておくと綺麗に落ちます。そのあと、水で洗い流して下さい。

1