被告側代理人の徳永信一弁護士(大阪弁護士会)は「被告側の言い分がことごとく退けられており、敗訴判決だと認めざるを得ない。ただ、在特会の活動にも社会への問題提起として評価できる部分はあり、そうした正当な表現まで封殺されてはならない」

出典差別的街宣に歯止め…ヘイトスピーチ判決 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

京都地裁の「違法ヘイトスピーチ」認定 在特会側の声明とその支持者の反応まとめ

朝鮮学校での街宣活をうをめぐり京都地裁がヘイトスピーチを違法認定とする初の判決を下した。在特会のとその支持者らの反応をまとめてみた

このまとめを見る