関係者らは2009年12月~10年3月、同校周辺で3度にわたり「スパイの子ども」「朝鮮半島に帰れ」などと、拡声器で怒号を発するなどして授業を妨害。

出典時事ドットコム:在特会の街宣は「人種差別」=ヘイトスピーチと認める−賠償命令も・京都地裁

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

在特会敗訴で規制が進むかもしれない”ヘイトスピーチ”とは?

街宣活動を巡り、学校法人京都朝鮮学園と在特会が争っていた訴訟で、「人種差別に当たる」として在特会が敗訴。問題になっている「ヘイトスピーチ」とは?

このまとめを見る