原告側は、在特会らの行動はいわゆる「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)にあたり、民族教育のための平穏な環境を奪うもので違法性は明らかなどと主張。

出典朝鮮学校への街宣は「人種差別」 在特会側に賠償命じる 京都地裁 - MSN産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

在特会敗訴で規制が進むかもしれない”ヘイトスピーチ”とは?

街宣活動を巡り、学校法人京都朝鮮学園と在特会が争っていた訴訟で、「人種差別に当たる」として在特会が敗訴。問題になっている「ヘイトスピーチ」とは?

このまとめを見る